life

外出先でのプッシュ式消毒剤の使用に注意!

プッシュ式消毒剤①

インフルエンザが猛威を振るっているこの時期、デパートやショッピングモールなど、外出先のトイレでもプッシュ式消毒剤が置かれているのを目にした方も多いのでは?
押すだけで消毒ができて、とっても便利!「外出先でも消毒できて安心!」と思う反面、気をつけないと思わぬ事故につながることに。
消費者庁によると、医療機関からプッシュ式消毒剤による事故情報(※)が寄せられています。小さな子どもを持つママは他人事ではありませんね。小児科医で「子供を事故から守るプロジェクト」代表の出口貴美子先生にお話をお伺いしました。
123

大人の使用しやすい位置は子どもの目の高さ

『ショッピングモールのトイレで手洗い後、消毒剤のボトルをプッシュしたところ、薬液が飛び散り両目に入った。直後から声をあげて泣き、洗い流せない状況だった』(2歳)

店頭やトイレなどにおいてあるプッシュ式消毒剤が設置してあるのは大人の腰のあたり。大人にとっては大変使いやすい高さですが、一緒にいる子どもを基準にみると、ちょうど顔にかかりやすい高さにあるようです。そのため子どもが押すと、飛び出した薬剤が目に入る危険性があるのです。
とくに子どもの場合は、大人と比べて力が弱いためプッシュ式消毒剤も力いっぱい押してしまうことがあります。大人だったら手のひらに垂れるだけの消毒剤も、力いっぱい押したことによってピュッと飛び出してしまうことがあるのです。

子どもに不用意に触らせない

まずは、子どもがプッシュ式消毒剤に不用意に触らないように注意すること。子どもが使うときには、必ず大人が隣について見守り、一緒に使うようにしましょう。
また、大人が使うときにも注意が必要。物によっては軽く押しただけでも液体が勢いよく出ることがあります。そんなとき、そばにいたお子さんの目に薬液がかからないように、押すときはゆっくり押すことを常に心がけてください。

薬剤が目に入ってしまったら……!?

プッシュ式消毒剤②
万が一、子どもの目に薬剤が入ってしまった場合、すぐに水またはぬるま湯で洗い、眼科医の診察を受けましょう。
いったん目を洗うときは、蛇口から水を出しっぱなしにして、両手で水またはぬるま湯をためます。そのなかで子どもに目をパチパチさせまばたきをくり返します。
このときゴシゴシと目をこすると角膜を傷つけてしまう可能性があるため、子どもにこすらないように声をかけてあげましょう。

目に入った薬剤の商品名、成分がわかるようにスマホで撮影

眼科医を受診する際、自宅であれば目に入った薬剤をそのまま持ち込むことができますが、外出先だと難しい場合も。そんなときは商品名がわかるように正面からと、はいっている成分がわかるようにスマホなどのカメラを使って写真を撮っておくこと。
事故が起きると、ママもパニックになってしまいますが、こうすることで眼科医への説明が楽になります。

口に入ってしまった場合は、まずはうがいを。
ちなみに、目ではなく口に入ってしまった、飲み込んでしまった場合は、少量であれば、うがいを十分させ、様子を見ましょう。もし、その後に嘔吐したり、意識が悪くなるようなことがあったら、医療機関を受診してください。
飲んだものによってはムリに吐かせないほうがいいこともあります。吐くことで誤嚥性肺炎を起こすことがあります。

プッシュ式消毒剤は、本来、バイキンから体を守るものです。なので、プッシュ式消毒剤を不用意に使用することで本末転倒にならないように配慮してください。ご家庭でも消毒薬全般のものは、小さいお子さんにとって害になることがありますので、設置の場所などに工夫が必要です。

(※)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成27年10月時点で30機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)

朝ごふんをもっと知りたい方はコチラ↓↓
%e6%9c%9d%e3%81%94%e3%81%b5%e3%82%93%e3%83%ad%e3%82%b4