life

おっぱい足りてる?適量はどうしたら分かる?

記事提供:イクシル

ixil3624_ll

今回は3カ月の赤ちゃんについての相談です。睡眠時間がまちまちで、授乳方法が合っていないのではと悩むママですが、専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

ママからの相談:「授乳方法が赤ちゃんの負担になっていないか不安です」

『粉ミルクと母乳の混合です。入院中は体重計もあり、医師や看護師さんの指導もありましたが、退院後は母乳とミルクの調節が分からず困っています。寝る時間もまちまちで、1~2時間の時もあれば3~4時間の時もあります。やはり体重計を買って確認すべきでしょうか。赤ちゃんの満腹中枢は未熟と聞き、自分の授乳方法が赤ちゃんの負担になっていないか不安です。(20代・女性)』

判断の目安は「尿」、「便」、「体重」。母乳を与えてからミルクを足して

母乳やミルクが足りているかの判断は、排泄量と体重です。ミルクは母乳の後に与えましょう。

『判断の目安は「尿」「便」「体重」です。尿は1日6~8回、便は1日3~8回、体重は週150~200gの増加があるかをチェックしましょう。尿はオムツだと分かりにくいですが、明らかに尿が減っていたり肌に艶がない、唇が乾いている時は水分不足を疑いましょう。(看護師)』

『3カ月頃は成長が著しい時期で、飲む量も増えてきます。母乳は消化が早く、1~2時間でお腹が空くこともあります。睡眠時間は室温・湿度や時間帯も影響します。いつも同じペースとは限りませんが、毎回1時間足らずで起きる、夜間授乳の回数が増えるのであれば足りていないと考えられます。(看護師)』

『混合授乳は基準がなく、見極めが難しいです。母乳は欲しがる度に与えて良いです。ミルクは与え過ぎると授乳の間隔が空いて母乳の出が悪くなり、赤ちゃんが太る心配があります。母乳メインなら昼間は母乳を与え、寝る前だけミルクを80ccほど足しましょう。(看護師)』

抱っこして体重計に乗って体重確認を。週や月単位でのチェックを

赤ちゃんの体重は抱っこして体重計に乗り、ママの体重を引けば分かります。

『体重測定は赤ちゃん用の体重計で、厳密に行う必要はないです。大人の体重計で抱っこして測定し、お母さんの体重を差し引けば求めることが出来ます。毎日測定する必要もなく、週に一度のペースでいいでしょう。(看護師)』

『赤ちゃんは、育児書通りにおっぱいを欲しがるわけではありません。ムラがあっても、1日10時間以上寝ていれば心配ないでしょう。おっぱいを優先し、寝付きが悪い・1時間以内に目を覚ます・おっぱいから離れないのであれば、ミルクを足しましょう。(産科・婦人科看護師)』

『母乳が足りているかは、1日20~30gの体重増加があるかで確認しましょう。赤ちゃん用の体重計がなければ、赤ちゃんを抱っこして毎日決まった時間に測るといいでしょう。毎日でなくとも週に140~210g、月で1kg以上の体重増加があれば問題ありません。(産科・婦人科看護師)』

『質の良いおっぱいを出すためには、脂っこい物や甘い物は控えてバランス取れた食事と水分を摂りましょう。赤ちゃんはまだ上手に吸えないため1回の量も少ないでしょうが、成長と伴に量も増えて睡眠時間も長くなります。出来るだけ母乳で育てるとよいでしょう。(産科・婦人科看護師)』

おっぱいは飲んだ量が目に見えないだけに不安になりますが、毎日の排泄量や体重が判断の目安になります。母乳は好きなだけ与え、ミルクは母乳の後に与えましょう。

<関連リンク>

あれ?母乳足りてる!?授乳間隔が短くて心配

離乳初期、混合栄養の場合の授乳量がわからない!

混合栄養は完全母乳よりやせにくい?体重を減らすには

コラム出典:おっぱい足りてる?適量はどうしたら分かる?
(by イクシル)