life

子連れにうれしい冬セール「TAMAGAWA Special Days」大開催

早いショップではすでにスタートしている冬のセール。「始まった!」と大喜びで駆けつけるママも多いでしょうが、予算を使い果たすのはちょっと待った! セールシーズン終わりからスタートするのが、百貨店の冬セール。「こんなに安くなるの?!」と値引率が意外なほど大きいことや、なんといっても良質な物が揃っていることが魅力ですよね。
ママたちに大人気の街である東京・二子玉川にある「玉川高島屋 S・C」では、2017年1月19日(木)から冬のセールを開催! ハイセンスな施設ならではの品揃えはもちろん、託児サービスなどママにうれしいサービスもあるので要チェックです♪

■子連れでもセールを満喫できる、託児サービスも

毎年冬と夏の年2回開催されている、スペシャルセール。例年4日間に30万人もを動員するという一大イベントで、食料品から衣料品、服飾品、サービス、雑貨、レストランなど約340の専門店と百貨店の今シーズンの商品を20〜50%オフで販売します。そんな2017年の「TAMAGAWA Special Days」は1月中旬という遅めの開催。年頭のセールで予算を使い切ってしまわないように(笑)、セーブしておきたいところですね。

この期間ならではのサービスも充実しています。

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%892
ママたちに一番うれしいのが、託児サービス。セールとなるとつい臨戦態勢になってしまい、子どもをどうすればよいのか迷ってしまう人が多いのでは? 保育士などの資格を持つスタッフが常駐する「キッズランド」では、たくさんの遊具が用意されている以外に絵本読み聞かせなどの企画も。混雑する売り場に子どもを連れて行きたくないというママにとっては、1,000円/時間という料金さえ安く思えるのでは?

「子どもと手をつなぐので、なるべく身軽でいたい」というママには、購入商品を自宅へ届けてくれる宅配サービスも魅力です。しかもワンコイン(500円)でお願いできるので、ワインなどのちょっと重たい商品も安心して購入することができますよ。

■初売りは1月2日より。セレブ気分が味わえる福袋も!

2017%e7%a6%8f%e8%a2%8b_%e8%a1%a8%e7%b4%99%e7%94%bb%e5%83%8f

なお、「玉川高島屋 S・C」の新年初売りは2017年1月2日(月・休)よりスタート。衣料品や化粧品などのおなじみ福袋に加え、プロテニス選手・瀬間友里加さんのレッスンを受けられるなど(税込50,000円)、体験型福袋も登場します。人気ブランド「エストネーション」では50,000円でメンズ・レディース各1名が店内で10万円相当の好きなアイテムを選べるプレミアム福袋も! 日頃なかなかできない体験に、ワクワクしますね。

2017_%e7%9b%ae%e7%8e%89%e7%a6%8f%e8%a2%8b_%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%bb%e7%a6%8f%e8%a2%8b_%e7%80%ac%e9%96%93%e3%83%97%e3%83%ad

~瀬間友里加プロによる、スペシャルプライベートテニスレッスン~ 「PREMIUM Happy Bag」

2017_%e7%9b%ae%e7%8e%89%e7%a6%8f%e8%a2%8b_%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e4%ba%8c%e5%ad%90%e7%8e%89%e5%b7%9d%e5%ba%97%e5%a4%96%e8%a6%b3-min

「エストネーション プレミアム福袋」

ママたちにとっては季節の風物詩ともいえる福袋やセール、2017年も思いっきり楽しんでしまいましょう♪

【TAMAGAWA Special Days】

開催期間:2017年1月19日(木)〜22日(日)の4日間
開催時間:10:00〜21:00
参加店舗:食料品・衣料品・服飾品・サービス・雑貨・レストランなど約340店(*一部対象外あり)
サービス:
●託児サービス<西館1Fアレーナサロン 9:30〜19:00(受付9:30〜18:00)、対象年齢=1〜8歳、収容人数=70名(先着順、予約不可)、子どもひとりにつき税込1,000円/時>
●ワンコイン宅配サービス<期間中のみ、本館1Fグランパティオ高島屋側=10:00〜19:00、南館1Fプラザ=10:00〜21:00、税込500円/箱>
●無料シャトルバス<小田急線「祖師ケ谷大蔵駅」⇔玉川高島屋 S・C」間・小田急線「狛江駅⇔玉川高島屋 S・C」間にて運行>

文・鈴木麻子