entertainment

お父さんへの感謝を映像で。ハジ→さん「おやじ。」MVに注目!

wss%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

世に母親に向けた感謝の歌はたくさんありますが、それに比べると父親へ向けた曲は少ないような……? 母親に思いを伝えること以上に、父親に伝えることには照れくささがつきまとうのかもしれません。

年末年始のこの時期、久しぶりに帰省して父親に会うという方も少なくないでしょう。そんなとき、お父さんへの感謝をさりげなく伝えられるこんなミュージックビデオがありますよ。

■久々に再会するお父さんに届けたいメッセージ

楽曲を制作したのは、宮城県出身のヒップホップアーティスト・ハジ→さん。迫力あるパフォーマンスと「ラップするように歌い、歌うようにラップする」独自のスタイルで、2016年に配信したシングル曲「絆。」は配信サイト1位を獲得しています。2年ほど前にハジ→さんが自身の父親との間に交わしたのが、「オレ、お父さんの曲を作るよ」という約束。アルバム『超ハジバム3。』の収録曲としてそれは実現、「おやじ。」というタイトルの楽曲はファンからの大きな反響を得ます。

父親の呼び名を「お父さん」から「おやじ」に変えるときの息子の気持ちを綴ったリリックは、女性であるママたちにはすぐにピンとくるものではないかもしれません。でも、絶対的な存在だった父親が対等な同志となるような、そんな心情の変化には共感できるものがあるはずです。

「”お父さん”から”おやじ”と呼び方を変えるのは、男としては勇気がいること。でも、少しでも父に近づきたいという息子の気持ちの表れです。この想いはきっとみんなと共有できると思っているし、共有したい。そしてカタチに残したい」と、ハジ→さん。

「『おやじ。』のミュージックビデオを、ファンのみなさんと一緒に作りたい。そして、この曲に接してくれたみんなの”お父さん”への感謝、尊敬の気持ちをまっすぐに伝えられるような、そんな映像にしたいと思っています」そんな気持ちから完成した、ミュージックビデオ。全国から集まった18組の親子が参加した、ハートフルな内容となっています。

wss%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

「日頃なかなか口に出せない感謝の気持ちを、伝える機会に」「離れて暮らすうちに、父親への感謝の気持ちがわいてきた」「自分が父親になったことで、父親の気持ちがわかるようになった」など撮影に応募した動機はさまざまだったそうですが、ぎこちなかった親子が撮影するうちに笑みを交わし合うような現場となったとか。

■2映像を切り替えて觀られる、体験型ブランディングムービーも

ハジ→さんの「おやじ。」MVショートバージョンは現在公開中ですが、それと併せて制作されたのが撮影風景のドキュメンタリー。この企画を通じて撮影に参加したファンとハジ→さんの、撮影前後の風景をまとめた「W SIDE STORY」です。ハジ→さんが楽曲に込めた想い、一方で楽曲に共感したファンの想いが2画面で同時進行する”日本初”の体験型ブランディングムービーとなっています。
パソコンで視聴する際はキーボードの「W」キーを押すだけで、それぞれの映像を切り替えることが可能。スマートフォンで観る場合は、ふたつのドキュメント映像を上下2画面で楽しめます。

パパから義父に向けたメッセージとして活用してもらうのもよし、もちろんママ自身のお父さんへ感謝を込めて観てもらうのもよし。「壮大なバラード調は照れくさい」という方も、メッセージがヒップホップテイストの軽快なメロディーにのせて綴られているので気軽に観られそうですよ。
もちろん日本初の2画面同時進行ムービーを「体験してみたい!」という、好奇心旺盛なママも、ぜひチェックしてみてくださいね。

レコチョク「WIZY(ウィジー)」プレゼンツ

■ハジ→「おやじ。」MVショートバージョン

■W SIDE STORY (ARTIST目線、FAN目線、それぞれのW SIDE STORYを体験可能)

https://wizy.jp/special/wsidestory/hazzie/

■W SIDE STORY -ディレクターズカット版-

文・鈴木麻子