life

帰省で義父母に会うのが気が重いママは約3割、言われてビックリしたこと、嬉しかったことをご紹介!

悩む女性

帰省するママ・パパ、楽しみですか?それとも憂鬱?

6歳以下のお子さんのいるファミリーへのアンケートでは3割の方が「帰省で義理父母に合うのは気が重い」と回答、しかし全体的には良好な関係を気付いていらっしゃるようです。

思わぬハプニング、嬉しかった言葉、あれこれご紹介します!

帰省で義父母に合うのは「気が重い?」「あまり気にならない」どちら?

気が重い 28%

あまり気にならない 65%

同居、その他 12%

あまり気にならない方が半数を超えました。義理のご両親とうまくいっている方が多いようです。

子育ての常識・知識のギャップには注意

子供にお菓子やジュースを与えられてイライラした

子供が3ヵ月の頃、初めて義理の父母宅へ帰省した時。
車で外出する際、チャイルドシートのない車に一緒に乗れと言われた
チャイルドシートがないとどんなに危険か義父母に説明し納得してもらった。

こちらの意見を主張し過ぎてもカドが立ちますね、なるべくご主人を巻き込みながら、譲れない部分は説明しておきたいものです。

子育ての先輩・家族として、優しく頼れる存在

発語が遅かった息子に「言葉が無くてもこっちが言ったことをきちんと理解している様子だから心配しなくて大丈夫。」と言ってもらえた。

長男がまだ赤ちゃんの頃、夫の実家に帰省。なかなか泣き止まない長男を、義母が抱っこして、あっという間に寝かしつけてくれました。母親ってすごいな。としみじみ思いました。

3歳の息子が私と主人の言うことを全然聞かず、わがまま言い放題で困っていると、お義母さんが「いい加減にしなさい」と私の代わりに怒ってくれました。

子供たちのためにリビングの一画にプレイスペースを作ってくれていたのが嬉しかったです。すべり台やブロックなども買ってくれていて、楽しみにしてくれていたんだなぁとほっこりしました。

帰省

お嫁さんを大事にしてくれるお宅も!

子供と私にクリスマスプレゼントをくれました。普通、子供の分だけだろうに、いつも頑張ってるお母さんにプレゼントしたいと言ってもらえて嬉しかった。

「息子の唯一の親孝行は、こんなにいいお嫁さんとこんなに可愛い孫を見せてくれたこと」と言われたことが嬉しかったです。

「孫は来て嬉しい、帰って嬉しい」は本当だった!?

里帰り出産で1ヶ月ほど私の実家にお世話になっていました。
3歳5歳の長男次男が、あまりにもうるさくてややこしかったため、祖父に「そろそろ帰ってくれないか」と言われてしまいました。

自分の母親ですが、第二子の名前を間違えていました。想わず苦笑い。年齢が高齢になってきたから仕方がないなと思います。

外で遊ぶのが大好きな息子が、家から飛び出し、外に出て、息子を祖母が追いかけて、捕まえたまでは良かったのですが、祖母が転んで骨折しました。
1日そうそう救急車を呼ぶ大変なお正月となりました。

お義父さん・お義母さんにも生活やご都合があり、ご自分が考えているよりお年を召しているということも心得ておきたいですね。

思わぬ出来事にビックリ!

ほとんど人見知りをしない次男が、祖父母に抱かれたときだけ号泣しました。

掃除が苦手なようで、まったく掃除をした形跡がなく、帰省したらすぐ部屋の掃除をしなくてはなりません。

子供が喘息もちのため、あらかじめ掃除してほしいと連絡しておいても、だめでした。

私が年々太っていくので、「貫禄太りだね」と言われました。出された食事も遠慮していると我が子からひと言。

どうしたの?いつもすごい食べてるのに」と言われ、気まずくなってしまいました。

嬉しい言葉ーあいさつがきちんと出来るのね! 傷ついた言葉ーママに似てまんまるね!

5才のお正月、梅酒などを漬ける大きな瓶に満杯に入った10円玉を持ち上げたら全部あげる!と言われ、本気になった娘。
持ち上げて本当にもらってきました。
総額1万円以上。

帰省で義父母に会うのは少し気が重い、というママさんも「子供が可愛がってもらっているエピソード」や「義父母との楽しいエピソード」を書いてくれた方が沢山いらっしゃいました。

いつも頑張ってるママ・パパさん、年末は元気な顔を見せてあげてゆっくり楽しんでくださいね。

関連記事
久しぶりの帰省。子供がおじいちゃん、おばあちゃんに懐くコツ。
帰省が憂鬱・・・。こどもにまつわる姑トラブル回避策とは?

コラム出典:帰省で義父母に会うのが気が重いママは約3割、言われてビックリしたこと、嬉しかったことをご紹介!
(by 子ある日和)