health

温活に最適!栄養士おすすめのホットスムージーレシピ3選

素材が持つ栄養素を丸ごといただけるスムージーですが、寒い季節には冷えが気になって続けられないという人も多いはず。そこで、「温活」にぴったりで美肌作りや免疫力アップにも効果があるホットスムージレシピを3つご紹介します。
⇒冬の温活習慣に!ホットスムージーで得られるうれしい効果

pixta_12945066_s-600x4271

冷えを解消!温活におすすめのホットスムージーレシピ3選

生姜でポカポカ!「かぼちゃとヨーグルトのホットスムージー」

《材料(1人分 198kcal)》

  • かぼちゃ・・・・・・・80g
  • 生姜・・・・・・・・・1片
  • お湯・・・・・・・・・100ml
  • プレーンヨーグルト・・100g
  • はちみつ・・・・・・・大さじ1

《作り方》
1.カットしたかぼちゃとスライスした生姜を電子レンジで4~5分加熱する。
2.1の材料とお湯をミキサーでなめらかにする。
3.耐熱性のカップに2を移し、ヨーグルトを混ぜこんで電子レンジで30秒加熱する。
4.はちみつをトッピングして出来上がり。

《このスムージーのポイント!》
生姜を加熱すると、ショウガオールという成分が増え、カラダを芯から温めてくれます。また、軽く温めたヨーグルトを使うことで、不足しがちなカルシウムの吸収率がアップします。
かぼちゃは、美肌作りに効果的なビタミンA(β-カロテン)ビタミンC・ビタミンEが豊富。なかでも、かぼちゃのビタミンCは熱に強い性質があり、ホットスムージーでもしっかり摂れますよ。

免疫力を高めるなら「にんじんとみかんのホットスムージー」

《材料(1人分 193kcal)》

  • にんじん・・・・・・40g
  • みかん・・・・・・・1個
  • 豆乳・・・・・・・・150ml
  • ココナッツオイル・・小さじ1

《作り方》
1.みかんは皮をむき白い筋をとり、にんじんはよく洗い、皮つきのまま小さくカット
2.すべての材料をミキサーにかけてなめらかにする
3.2を小鍋に移して弱火にかけ、沸騰しないくらいに温めて出来上がり

《このスムージーのポイント!》
にんじんに豊富なビタミンA(β-カロテン)には免疫力を高める効果が。ビタミンAはオイルと一緒にをとると吸収率がアップします。冬の代表的なフルーツ「みかん」は、ビタミンCたっぷり。ビタミンCは、抗ストレスホルモンの生成に欠かせない栄養素なので、疲れやストレスを感じているときに積極的にとりたい栄養素です。
⇒太りにくいって本当?ココナッツオイルの特徴と効果

リラックスしたいときに「ゆずの香りの甘酒ホットスムージー」

《材料(1人分 180kcal)》

  • りんご・・・1/2個
  • ゆず・・・・1/4個
  • 甘酒・・・・150ml (砂糖不使用の米麹から作られたもの)

《作り方》
1.りんごを小さめにカットし、ゆずは、種をとってから果汁を別容器に絞っておく。
2.カットしたりんご・甘酒・ゆずの果汁をミキサーにかける。
3.耐熱性のカップに2を入れ電子レンジで加熱する。
4.すりおろしたゆずの皮をトッピングして出来上がり。

《このスムージーのポイント!》
ゆずの皮に含まれるポリフェノールの一種「ヘスぺリジン」や「リモネン」には血流をよくしてカラダを温める効果があります。さらに、香りのもとでもあるリモネンには、リラックス効果も。ブドウ糖・ビタミンB群・必須アミノ酸をバランスよく含む甘酒と、旬のゆず・りんごを使ったホットスムージーは、寒い日の栄養補給にぴったりです。

カラダを温めてくれる食材や調理法をとり入れたホットスムージーで、カラダの中から温まってくださいね。

【コラム出典】:ママと子どもの健康づくりを栄養士がサポート「あすけん」
http://column.asken.jp