life

ふたごちゃんママの「母乳育児体験談」!

ふたごちゃん

ふたごちゃんを「完母で」というのはちょっと難しいような印象を持ちますが、挑戦してみたママの体験談です。

やっぱりこんなコツが!?是非チェックしてみてくださいね。

38週で2卵性の男の子を帝王切開で出産しました。

長男2500グラム・次男2300グラムで元気に生まれてきてくれました。

黄疸や、他呼吸、低出生などの理由で、一緒に退院することは出来ませんでした。

当時、小学校1年生の長女と幼稚園卒園を間近に控えた年長の次女が、家で帰りを待っていたので、双子と同時退院でなかったのはとても好都合でした。と言うのも、双子入院中に、ベビーを迎える準備や、次女の卒園式にも出席できたからです。

双子が生まれて10日目に、双子揃って退院。

双子が入院中も3時間に1度は搾乳し、1日2回は時間を見つけては授乳しに通っていましたが、看護師さんや先生から「よく寝ています」「起こさないとずっと寝ています」と聞いていたので、「家でもお利口さんでいてほしいな~」なんて思っていました。

上2人が完母だったので、「双子も母乳で!」と思っていた私は、多胎育児書やネットから様々な情報収集をして、「同時授乳が母乳成功の秘訣」にたどり着きました。

家に帰ってきた双子にさっそく授乳用クッションとタオルを併用し、どうにか同時授乳をしてみました。

首がすわっていない新生児はグラグラで、さらにおっぱいより哺乳瓶に吸いなれてしまっていたので怒る怒る!

慣れるまで全身筋肉痛になるほど身体に無駄な力が入っていました。それでも、根気よく(しつこく?)同時授乳を続けました。

そうすると、身体が「もっとおっぱいを出さなきゃ」と思うのでしょうか、どんどん出てくる母乳。双子はいつも溺れていました(笑)

睡眠は、新生児の頃から揃って3時間くらいは寝てくれていたので睡眠不足で辛いということはさほど無かったように思います。

でも、「双子なので毎回同じ時間に起きる」とは限りません・・・そんな時は、申し訳ないなと思いつつ、もう一人を無理やり起こして「同時授乳!」していました。

どんなに起こそうとしても寝ていて起きないということも、もちろんありましたが、出来るだけ同じぐらいの時間で授乳&おむつ替えをして、睡眠リズムを私がコントロールするように心がけていました。

ママの睡眠がしっかりとれていると、母乳の出もよくなりますし、精神的にも安定して育児に余裕も生まれること間違いなしですよ。

関連記事
母乳が出なくても根気よくあげれば出るってホント?混合から母乳になったママは全体の〇%~母乳ママ、完ミママの体験談
赤ちゃんがどのくらい母乳を飲んでいるのか知りたい!どうすればよい!?

コラム出典:ふたごちゃんママの「母乳育児体験談」!
(by 子ある日和)