child

帰省中の「ヒマ~!」攻撃に効く!迷路&さがしえ絵本5選

Fotolia_106661253_Subscription_Monthly_M.jpg

年末年始の帰省、子どものヒマヒマ攻撃の対策は万全でしょうか?乗り物の待ち時間、飛行機や電車の中、帰省先でヒマを持て余したとき、ちょっとしたヒマつぶしには絵本がオススメです。普通の絵本ではあっという間に終了~となってしまいますが、迷路や物を探す絵本なら、しばらくは夢中になってくれるかも!今回は、子どもが思わず夢中になる、迷路&さがしえ絵本をご紹介します。

新ウォーリーをさがせ!

新ウォーリーをさがせ! (新ウォーリーのえほん) -
新ウォーリーをさがせ! (新ウォーリーのえほん) –
(1,300円【税抜き】/フレーベル館)
さがしえ絵本といえばウォーリー!一昔前に大流行したので、ママにもなじみがある絵本ではないでしょうか。ウォーリーは今の子どもたちにも人気のある絵本です。子どもと一緒にウォーリーを探しているうちに、ママも夢中になってしまうかも⁉持ち運びに便利なポケット版も出ています。

ちっちゃなミッケ!

ちっちゃなミッケ! (創作絵本シリーズ) -
ちっちゃなミッケ! (創作絵本シリーズ) –
(700円【税抜き】/小学館)
子どもは何かを見つけるのが大好き!いろんなものを探す「ミッケ!」シリーズは、2才くらいから楽しめます。『ちっちゃなミッケ!』は小型サイズのボードブックで持ち運びしやすくオススメ。いろんな物が載っているので、見ているだけでも楽しい1冊です。

すりかえかめん

すりかえかめん -
すりかえかめん –
(1,200円【税抜き】/河出書房新社)
こちらはNHK 「おかあさんといっしょ」で人気があるコーナー、「すりかえかめん」の絵本。左ページと右ページでどこが違うか、何に変わっているのかを探します。にわとりの足がフォークに変わっていたり、船の帆がソフトクリームに変わっていたりと、身近な、意外なものに変わっているのが子どもたちには楽しいようです。

にげるタマゴをつかまえて!(白オバケ黒オバケのみつけて絵本)

にげるタマゴをつかまえて! (白オバケ黒オバケのみつけて絵本) -
にげるタマゴをつかまえて! (白オバケ黒オバケのみつけて絵本) –
(1,300円【税抜き】/学研教育出版)
私の友人が、「(子どもが)これにはまって、少しはママの時間ができるといいんだけど」と言ってプレゼントしてくれた絵本。上の子にくれたのですが、下の子にヒット!2才ごろからかなりの頻度で読まされている1冊です。タマゴやネコなどをイラストの中から探すのですが、絵本自体もちゃんとストーリーになっています。かわいいおばけがたくさん出てきて、とっても賑やかで楽しい絵本です。

乗り物の迷路

乗り物の迷路 -
乗り物の迷路 –
(1,300円【税抜き】/PHP研究所)
年中ぐらいからの、おそらく男子には間違いなくヒットするのが、この『乗り物の迷路』。迷路だけでなく、かくし絵やクイズ、探しものなど、さまざまな問題があり、これ1冊でかなり遊べます!以前、友人の子ども(年長)にプレゼントしたところ、「帰りの電車ではまってずーっとやってた。おかげで帰りが楽だった~」とメールをいただいた、おすすめの1冊です。この迷路シリーズは乗り物のほか、昆虫や宇宙、歴史など、さまざまなテーマの絵本が出ているので、お子さんの興味に合う絵本が選べますよ。

いつでもどこでも遊べるのが絵本の魅力。帰省バッグに1冊、迷路やさがしえ絵本を入れておくことをオススメします!

転載元:帰省中の「ヒマ~!」攻撃に効く!迷路&さがしえ絵本5選(by マムメモ)

関連リンク

初めての子どものおつかい、どのタイミングで行かせるべき?
100均よりプチ贅沢!?ママが楽しむフライングタイガー~おもちゃ編
親ばか?でも楽しい!「うちの赤ちゃん新聞」を作ってみよう!