recipe

【子供が喜ぶ!天の川の七夕そうめん~彦星・織姫を作ろう~】

IMG_2870

きれいに茹でたそうめんを、天の川に見たててかわいく飾りつけましょう!
茹で卵で織姫と彦星を作り、のりと黒ゴマのジュレの上にそうめんを天の川のように置きます。
パプリカとにんじんを星型で抜いて飾れば、素朴なそうめんもかわいい七夕メニューに早変わり!
子供が喜ぶ顔を想像して、作ってみてくださいね♪

材料  2人分

そうめん
:2束
5倍希釈めんつゆ
:120cc
:600cc
寒天
:5g
黒すりごま
:大1
のり
:1/2枚
ゆで卵
:2個
薄焼き卵
:1個
きゅうり
:1本
三つ葉
:適量
黒ゴマ
:適量
のり
:適量
にんじん
:1本
パプリカ(黄色)
:1/2個

作り方

1.水600ccを入れた小鍋に粉寒天5gを振り入れよく混ぜる。
2.中火にかけ、木べらでかき混ぜながら煮溶かす。沸騰してから2分は火にかける。
3.火を止めて、めんつゆ、すりごま、小さくちぎったのりを加えよく混ぜる。バットに移し、粗熱が冷めたら冷蔵庫で冷やし固める。固まったらフォークでひっかき、細かく崩す。IMG_2786
4.にんじん、パプリカは星型で型抜きし、にんじんは茹でる。IMG_2810
5.そうめんを止めてあるバンドを切らないように端に移動させ、バンドを付けたまま茹でる。バンドが外れないように気を付けながら、麺を箸でかき混ぜながら指定の時間茹でたら流水に取り、水気を切る。バンドの部分を包丁で切る。(そうめんが崩れずに、きれいに川状に茹でられます)IMG_2797IMG_2804
6.茹で卵に、薄焼き卵とピーラーでそいだきゅうりを巻きつけ着物に見立てる。茹でた三つ葉の茎で帯を結び、ピーラーでそいだ人参をピック等で固定し、羽衣に見立てる。のりをはさみでカットし、髪の毛をつける。ゴマで目、カニカマで口、魚肉ソーセージでほっぺたをつける。IMG_2816IMG_2820IMG_2829

IMG_2833IMG_2847IMG_2858IMG_2868
7.お皿に3のジュレを平らに盛り付け、そうめんを乗せて天の川に見立てる。ゆで卵の織姫と彦星、星のにんじん、パプリカを乗せる。IMG_2873

レシピ監修:堀川 望美
食育インストラクター、ハーバルスペシャリスト。
2年間のアメリカ生活ののち帰国後、企業タイアップのレシピ開発、
連載など子育てと料理に関する分野で活躍。
自宅で開催する料理教室、お弁当教室も大人気。ブログはコチラ