life

別府市長「100万再生いったら温泉のテーマパーク作ります」→達成しちゃった

img_7276
人が入れる温泉として世界一の湧出量を誇る「大分県別府市」が、何やら面白い構想を打ち立てたことをご存知でしょうか?

世界一の温泉都市、別府の魅力を国内外にむけて幅広く発信しようという目的で打ち立てたられたのは、その名も「遊べる温泉都市」構想。別府市はその夢の実現にむけた取り組みとして、遊園地ならぬ「湯〜園地」計画の公約ムービーを今年の11月にWeb上にて公開! その前代未聞な「湯〜園地」計画の内容が今、ネット上で話題となっています。

動画100万再生で本当にやります! by別府市長

img_7274
動画で描かれるのは、温泉と遊園地を融合させ、温泉につかりながら楽しめるアミューズメント施設「湯〜園地」。YouTubeでの再生回数が100万回を超えた場合、実際に別府市内で「湯〜園地」を開設するというからスゴイ!

動画は今年の10月に別府市内で撮影。源泉から運んだ約12トンの温泉水で、メリーゴーラウンドやジェットコースター、観覧車などの座席を“湯船”に仕立てたそうです。約150人の市民エキストラはバスタオル1枚で園内を散策! この動画には、温泉で満たされた遊具に乗り、来場客が楽しそうに遊ぶ、なんとも非日常的な空間が映し出されています。本当にこんな前代未聞の施設が実現するのでしょうか!?

▼話題の公約ムービーは、こちら

公開からわずか3日。あっという間に100万再生達成しちゃった!

img_7275
実はこの動画、公開から3日程度で目標の100万再生を達成してしまいました! 目標達成を受けて、別府市長は「YouTubeへのアップロードから僅か3日間で目標とした100万回再生を達成するというスピード感の速さ、反響の大きさに驚いており、やってしまった感でいっぱいです」とコメント。「湯〜園地」計画実現に向けた詳細内容は、また後日発表されるんだとか。前代未聞の温泉と遊園地を融合させたアミューズメント施設「湯〜園地」が別府市に誕生するのは、一体いつでしょうか!? 今後の発表をお楽しみに!

 

文・赤石 みお