life

大人気ゲーム『マインクラフト』で、楽しみながらプログラミングを学ぼう!

minecraft-camp-main

全世界で1億本も販売されている大人気ゲーム『マインクラフト』。ブロックを地面や空中に配置し、自由な形のロボットや建造物等を作ることができるサンドボックスゲームです。パソコン・スマホ・各種ゲーム機にも対応しており、多くのマインクラフトユーザー(マイクラユーザー)が想像力を駆使して、冒険やモノづくりを楽しんでいます。

冬休みマインクラフトプログラミングキャンプ開催!

この冬、『マインクラフト』をプログラミング教材として取り入れたキャンプ(短期集中講座)が開催されます。

  • 開催日:2016年12月26日(月)
  • 開催時間:10:00~17:00(昼食と休憩時間含む)
  • 開催場所:学研プラス3Fホール(東京都品川区西五反田2-11-8)
  • 定員:100名(先着順)
  • 参加費:15,000円(税別)
  • 対象:小学2年生〜中学3年生(小学2年生未満、高校生以上は要相談)
  • 詳細・お申し込みサイト:http://gakken-tech.jp

minecraft-camp-ill

パソコン版の『マインクラフト』に拡張データを導入し、自動でモノづくりをするプログラミングを学ぶカリキュラム。身近なゲームを通して学ぶことで、楽しみながらプログラミングに親しむことができます。実際に『マインクラフト』によるプログラミング授業を行っている小・中学校や、書店等でのプログラミングワークショップのアンケートを通して、満足度の高さは実証済みとのこと。子どもより大人が参加したいかも!?

学研のプログラミングキャンプの特長

minecraft-camp-sub-2

  • 学研のノウハウが詰まったオリジナルテキストを無料配布
  • 作ったプログラムを見せながら、グループ内でのプレゼンテーションとディスカッション。 保護者向けの成果物も。
  • 少人数制だから、パソコン・プログラミング初心者でも安心

2020年の必修化が検討されている「プログラミング」の授業

minecraft-camp-sub-3

アメリカの大学研究者やイギリス・オックスフォード大学の予測では、10年後には「現在、存在しない職業」に就く子ども達が増えるそうです。ITや人工知能の発展で、子どもたちの職業事情は大きく変わっていくのでしょう。21世紀を生き抜くために、プログラミングを通して「創造力」や「問題解決力」などを養う重要性も議論されはじめています。アメリカ、イギリス、イスラエル、韓国では、すでに公教育の中にプログラミングが取り入れられていますので、日本で必修化される日も近そうですね。

大学で情報工学を学び、プログラマー経験もある筆者。プログラム言語とにらめっこしながら、失敗と成功を繰り返す作業は大人でも大変です。子どもの頃から遊びを通してプログラミングに親しめたら、将来の選択肢も広がりそうです。

 

文:Kuu