life

バランス感覚が身につき、ママのダイエットにも! 家族で楽しめる“ブレイブボード”

記事提供:学研キッズネット for Parents

クラスがいっしょになった友だちの影響で、「ブレイブボードが欲しい!」と言い出した息子(小5)。子どもたちが公園でクネクネと体を揺らして遊んでいるアレですよね。

 

「すぐ飽きちゃうんじゃないの?」と息子の顔色をうかがいながらも、ネット検索してみると、これが予想以上に良さそうなアイテムではありませんか!
バランス感覚が身につき、ママのダイエットにも! 家族で楽しめる“ブレイブボード”

軽くてコンパクトなタイプのブレイブボード「リップスター」

動的バランス能力と敏捷性が向上

ストリート系のカルいおもちゃだよねとイメージしながら、ブレイブボード公式サイトを開いてみると、大学のスポーツ科学部がその効果を科学的に検証したデータが並んでいることに驚きました。

 

ある検証実験では、大学生が毎日20分ブレイブボードを練習。スタート時と1週間後の、平衡感覚と反復横跳びの回数の変化を測定した結果、平衡感覚が明らかに向上し、反復横跳びの回数も半数の人が4.5%増えていました。これは、運動中にバランスをとる能力である「動的バランス能力」と「敏捷性」が向上したということだそうです。
バランス感覚が身につき、ママのダイエットにも! 家族で楽しめる“ブレイブボード”

息子はブレイブボードでクネクネ、パパはスケボーでス~イスイ!

特許構造のボードが動的バランス能力を鍛える

ブレイブボードで動的バランス能力がきたえられる理由は、90度以上傾くボードの構造にあるそうです。しなるボードの上で常に体のバランスをとろうとすることで、ふだん使わない筋肉が使われ、自然に動的バランス能力が身につくのだとか。
バランス感覚が身につき、ママのダイエットにも! 家族で楽しめる“ブレイブボード”

90度以上傾くボード

ブレイブボードはゴールデンエイジにこそやるべき?

この動的バランス能力をぜひ身につけたい時期が、ゴールデンエイジと呼ばれる8~12歳なのだそう。この時期に神経系の90%が発達し、身についた運動神経は大人になっても忘れないと言われています。ゴールデンエイジに身につけた動的バランス能力が、その後に行うサッカー、テニスなどのスポ―ツで生かされるということです。

 

ということで、早速ブレイブボードを購入。

 

初日、派手に転んでひじを打ち、痛い思いをした息子ですが、その日のうちに乗れるようになりました。帰宅後は家の前で、週末は公園で練習をくり返し、最近では、わたしには覚えられないようなワザの名前を口走っています。最初は転ぶこともあるので、ヘルメットとひざあてがあると安心です。

 

ママのダイエットにも一役買ってくれそう

ブレイブボードのひねる動きは、脇腹の「腹斜筋」を使うため、とくにお腹まわりの引き締めにも効果的だそうです。ここ数年で加速度的にお腹回りが大きくなったわたし…。現在は、息子につかまりながら引っ張ってもらっている状態ですが、もっと練習してダイエットできたらうれしいです。

 

実験した大学生の中には、ブレイブボードだけが理由かどうかは分かりませんが、1週間で体重が1.5kg減った人もいるとか。また、ブレイブボードには、軽度のジョギングをするのと同じ運動量があるそうですよ。

 

バランス感覚が身につき、ママのダイエットにも! 家族で楽しめる“ブレイブボード”

 

今はまだへっぴり腰ですが、もっと上手になってウェストのくびれを取り戻したい

 

ファミリーでブレイブボードを楽しむ人がいっぱい

この日も、公園内には家族でブレイブボードを楽しむ人たちがあちこちに見かけられました。わが家も、最初は息子に買ったつもりが、いっしょに公園に行くと、半分の時間はわたしが練習しているかもしれません。悲しいかな、子どもたちのように上達が早くないのが悔しいですが…。でも、わたしのまわりで体験したお母さんたちは、口をそろえて「意外におもしろい」と言っています。時間を見つけて、また練習だ!
バランス感覚が身につき、ママのダイエットにも! 家族で楽しめる“ブレイブボード”

ブレイブボードを楽しむファミリー

参考:リップスティック ブレイブボード公式サイト

http://www.braveboard.jp/

 

コラム出典:バランス感覚が身につき、ママのダイエットにも! 家族で楽しめる“ブレイブボード”
(by 学研キッズネット for Parents)