life

ぶきっちょさんでもキレイにむける!セリア「たまごの穴あけ器」が超優秀

o0800060012286815086

おでんの季節ですね! おでんには大量の卵を入れるわが家。見た目と味は関係ないと思いつつ、ゆで卵の殻がキレイにむけず、いつも苦労していました。

ゆで卵の殻をキレイにむく方法

ゆでてすぐに冷水で冷やしたり、ゆでる前に常温に戻したり・・・それでも、キレイにむけません。

まわりの友達にも、キレイにむく方法を教えてもらい、試してみましたが
「大きめタッパーに水とゆで卵を入れてカシャカシャ振る方式」
は、振りすぎて卵グチャグチャ。

別の方法
「針で穴をあけてから茹でる方式」
安全ピンを使って挑戦しましたが、またしても失敗。ツルンとしたゆで卵ちゃんに出会えるのはいつのことやらと思っていた時、この商品にであいました。

セリア「たまごの穴あけ器」

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_004

さっそくセリア「たまごの穴開け器」を使ってみたら、びっくりするくらい簡単につるっとキレイにむけました! 安全ピンと違って、針の出具合、刺さり具合がちょうどいい感じのようです。

ゆで卵の殻がうまくむけない原因は、新鮮な卵ほど多く含まれる『二酸化炭素(CO2)』が影響しているそう。ゆでることでCO2の圧力が高まり、薄皮と殻がくっついてむけにくくなります。そこで、卵のおしり側(気室)に「針で穴を開ける」ことで、CO2の膨張を抑え、むけやすくします。この時、気室を通り越すくらい針を刺してしまうと、白身が出てしまうので、微妙な力加減が必要になってきます。

この商品は、難しいことは考えず、ただ乗せて押すだけ。失敗ばかりの筆者でも成功した優れものです。

 

使わないときの安全対策

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_005

便利な商品ですが、針を使っているので、危険な面もあります。使わないときは中の丸い部分をちょっと回して『ロック』をかけておきましょう。小さな子どもが触ってしまうことや、自分が誤って押してしまうことも考えて、『ロック』する習慣をつけたいですね。

筆者が購入した当時はセリアでしか見かけなかったのですが、最近はダイソーにも類似品が売っているようです。100円均一の便利グッズを使えば、「ゆで卵の殻むき」もラクラクです(笑)

 

文:Kuu