entertainment

マラウイで少女に性行為を教える「イニシエーションキャンプ」は存在した?

malawi
こんにちは!日本に住んでいる外国人のお宅訪問企画『突撃、世界ごはん!』マラウイ後編です。
前回のインタビュー前編「【突撃、世界ごはん!】マラウイってどこ!?未知の国の家庭料理を初体験!」に引き続きマラウイ人のヤシンタさんにお話を聞きました!

女性大統領が誕生したマラウイ!

4
-マラウイの女性は、日本の女性と比べて違うところはありますか?

マラウイは、2012年にジョイス・バンダという初の女性大統領が誕生しました。マラウイでは女性が上に立つのは困難ではなく、人々の心はピースフルなの。平和を願っているので戦争はしません。

でも、女性は学業が終わる前に結婚することが多いわ。都会と村では貧富の差が激しく、今でも貧しい生活をしている村では、子供が8~10人いるのは普通です。都会では3~4人が普通ですが、一人っ子はほとんどいないですね。

出産で亡くなる女性も!バスで出産も日常茶飯事

6
-マラウイでの妊娠、出産について教えてください。

アフリカ圏では、日本のような医療技術はまだないので、妊娠してもモニターで赤ちゃんを見ることはできません。なので、母体や赤ちゃんに問題があったとしてもそれに気づくことができないんです。日本は妊婦健診があるので、何かあったらすぐに気づくことができますよね。都会でも日本の大きな総合病院のようなものはなく、個人病院です。

それから、村に住んでいる妊婦は、家で産むことも多いです。村に病院がなかったり、車がないので病院まで自転車で行ったり、病院がある都会へ向かうバスの中で出産してしまうこともあります。そういった問題があるので、出産で亡くなる女性も少なくないのが現状です。

日本の野菜は農薬を使ったり、食品添加物が多くて怖い

1
-日本で暮らしていて困ったことはありますか?

日本に暮らしていて感じることは、食品添加物だらけで不安です。マラウイは、野菜を作る土地は広く、農薬は使わないので全てオーガニックで、沢山育っていて安いです。日本は小さなハウス栽培をしていたり、農薬を使ったりしていて、それは不自然なことに感じました。子供たちに安全な野菜を食べさせたいですが日本でオーガニックの野菜を見つけるのは大変だし、あったとしてもとても高いです。

-マラウイの離乳食はどのようなものですか?
11
私たちの主食である、トウモロコシの粉で作る“シマ”(前編参照)が出来上がる前の状態で、とろとろしているものにピーナッツペーストを混ぜたものです。

-日本の離乳食で10倍粥をあげるのと同じで、大人の主食のもっと柔らかく赤ちゃんが呑み込みやすいものをあげているんですね!

少女に性行為を教える「イニシエーションキャンプ」の実情

HIV Diagnosis. Medical Concept. Composition of Medicaments.
-マラウイのことを調べていて、一部の地域では、少女が大人になるための通過儀礼として性交渉を行うイニシエーションキャンプというものがあるというのは本当ですか?それは、両親がお金を払って、ある特定の男性に「性交渉のやり方を教えてもらう」という衝撃の内容でした。

昔はありましたけど、四世代ぐらい前の話で、今はほとんどないと思います。HIV感染者が広がり危険なので、政府が止めたんです。でも、いまだにマラウイではHIV患者が多く、マラリアも多いです。それらがなければもっと長生きすることができると思います。
都会で暮らす若い人たちは、結婚前にHIVの検査をします。もし感染していたら結婚はしないです。

マラウイの結納は牛やヤギを新婦の家へ持っていく!

pixta_1566460_m
-マラウイの結婚について教えてください!

マラウイでは結婚するときに、男性の家から新婦の家へ、牛やヤギ、コーンフラワーなどを持っていきます。結婚式は友達とミーティングをして、ダンスを考えたり料理を考えて家に接待したり、日本の披露宴会場のようなところでパーティーをします。新婦と友達が一緒にダンスをして、ゲストは踊っているところにお金を投げます。「マネーダンシング」よ!!
それから、日本の女性は結婚するのに男性の給料や職業で選ぶって話を聞いたことがあるんですが、マラウイではそういう考えはあまりないと思います。妻は夫のことを本当に尊敬していて、好きだから結婚しています。

15
-結婚式のマネーダンシングの動画をいくつか見せてもらいましたが、本当に踊っている地面にお札が沢山落ちていて面白いですね!日本でも最近広まってきましたが、マラウイでも、お揃いのドレスを着たブライズメイドが花嫁に寄り添って様々な演出をしているんですね!村のお話も衝撃でしたが、パーティーはとても華やかでその差にびっくりしました。ヤシンタさんにお会いしなかったらマラウイについて一生知る機会がなかったかもしれません。美味しいごはんとお話をありがとうございました!

ママスタセレクト新コーナー!『突撃、世界ごはん!』

sekaigohan_logo
海外好き、料理好きライターが日本に住んでいる外国人のお宅に訪問し、家庭料理や母国の文化、日本でのライフスタイルなどをインタビューしてお届けする企画です。

tadaku-logo-S
日本に住む外国人の自宅で家庭料理を習える料理教室。プチホームステイ感覚で、その国の料理を習い、出来上がった料理を一緒に食べながらその国の料理と文化と言葉を学べます。45ヶ国、100名以上のホスト(先生)が登録しています。HPはこちら