life

冬の部屋干しにも重宝! ダイソーとニトリでつくる省スペースハンガーが使える

img_5340

寒くなると、洗濯が乾かない日がつづいて主婦はため息ものです。自宅に乾燥機があったり、普段から部屋干しに慣れているならまだしも、外干ししかしない場合は真剣に悩みます(←我が家はこれです)。それでも子どもたちの洗濯は待ってくれません! 1日でも洗濯ができない日があれば、あふれる子ども服が干しきれないほどになるのです。そんなときに役立つ便利な洗濯ハンガーをご紹介します。

■普段は10連ハンガーが便利だけど……

img_5333

筆者が毎日の洗濯に使っているのは、子ども服用の10連ハンガー。折りたたむとコンパクトですし、10着を一度に干しても洋服どうしがくっつかないので、とても重宝しています。子どもが1人だったときは、このハンガーで十分だったのですが……。子どもが2人に増えたとたん、1日でも洗濯できなかった日は10個のハンガーでは足りなくなったのです。

上の子は食べこぼしで、下の子はウンチ漏れでお洋服が汚れるスパイラル。部屋干しともなれば、せまい空間にたくさんのお洋服を干さなければならないのでもう大変! でも毎日洗濯していればなんとかたりるので、もうひとつ同じハンガーを買うほどでもなかったのです。

■ダイソーのハンガーが部屋干しに最適

img_5320

実は10連ハンガーと同じようなハンガーが、ダイソーの「ハンガーを干せるハンガー」と子ども服用のハンガーで簡単に作成できるのです! ダイソーのは、輪っかのひとつひとつにハンガーをかけることができ、メディアでもたびたび紹介されるスグレモノ。

このハンガーを使う最大のメリットは、省スペースなことです。横並びだと場所をとる小さい子ども服も、適度な間隔をあけて奥行を使って干すことができるので、乾きにくく場所をとる部屋干しにとても重宝するのです。

子ども服を「吊るす収納」にしている場合は、ハンガーをはずしてそのままクローゼットへの取り込みもできますので、家事の効率化にも一躍。もちろん大人用のお洋服に使えますし、ハンガー自体がすべり止め素材なので、肩の開いたお洋服などにも使えるので、1つで何通りもの使い方ができるのです!

■ニトリのハンガーがコスパ抜群!

img_5330

子ども用のハンガーはニトリがオススメ!「ミニハンガー5本組」は税抜142円で、しっかりとしたポリプロピレン製。1本30円と考えれば、コスパも最高です。白いシンプルなデザインはインテリアを選ばず、肩のずれ防止に活躍するくぼみ、キャミソールなどに便利なフックが付いており、使い勝手も申し分ありません。子ども用のハンガーとしてはもちろん、大人用のスカートの収納や狭い空間での収納にも使えます。

img_5321

そして、ニトリのハンガーで「ついで買い」におすすめしたいのが、パーカー用のハンガー。同じ形状のものが100均でも売られていますが、ニトリでは税抜95円とさらに安いのです。子ども服に多いパーカーも、この専用ハンガーがあればとても乾きやすくなるので重宝します。

img_5338

洗濯ものは、毎日かならず出るものです。家族が増えればなおさら! 毎日お洗濯できないとき、天気が悪くて部屋干しせざるを得ないとき、そしてもちろん普段のお洗濯にも、少ないスペースでたくさんのお洋服が干せれば便利なこと間違いありません。

即席10連ハンガーは、バラしてそれぞれを別々に使うこともできるので無駄がありませんし、400円程度でつくることができます。ぜひ実践してみてくださいね!