manga

結婚前に気づけなかった……。実は隠れ○○だった旦那にあ然

付き合っていたときは気づかなかったけど、結婚したら実はこんな性格だった!なんてことはありませんか? 主人と私は7年付き合って結婚。交際中は色々なことを二人で乗り越えてきた自信がありました。私は「もう、この人のことで知らないことはない!」と意気揚々と新婚生活をスタートさせたのですが……。実は主人にはまだ秘密があったのです……。

なぜ? 食事のたびに置いてある鏡……。

新婚生活をスタートさせたある日、不思議に思うことがありました。食事のたびに、食卓になぜか鏡が置いてあるのです。はじめは「私の置き忘れかな?」くらいにしか思いませんでしたが、こうも毎回置いてあると不思議になってきます。ちなみに主人と私は生活リズムが違っていたため、それまで一緒に食事をとることはほぼありませんでした。

結婚前に気づけなかった1

主人の性格はひとことで言えば真面目。地味な理系男子です。ファッションには疎く、むしろダサい部類。趣味は読書と勉強と電気屋さんめぐり。穏やかで優しく、融通がきかないところもあるけれど、浮ついた感じのないその実直さに結婚を決めたほどでした。そんな主人と鏡……。謎は深まります。

結婚前に気づけなかった2

なんで鏡を置くの?

翌日、食事をする主人を観察してみると、やはり開始前に鏡をセット。そして何やら鏡をチラチラ見ながら食べているのです。しかも、顔の角度を変えながら……。えっ……気持ち悪っ!申し訳ないですけど、素直にそう思ってしまいました。

結婚前に気づけなかった3

気持ち悪いけど、理由を知りたい。主人はなぜ食事中に鏡を置いていたのでしょう?

実は隠れ○○だった主人!

彼は特に恥ずかしがるわけでもなく、平然と答えました。

「自分をさ……客観的にみたいんだよね……。」

「???」ですよね。私もそうでした。

実は主人……超がつくほどのナルシストだったのです。外ではそんな素振りは見せないのに、家でのみ「自分ってカッコいい!」を存分に発揮! 食事をしながら毎回客観的にカッコいい角度を研究する熱心さ……さすが勉強好きなだけあります。考えてみれば、洗面台に立っている時間も長かった……。鏡の前でカッコいい自分にうっとりしていたのですね。写真を見返してみると、写っている顔の角度がほぼ同じ。これが「一番カッコいい」研究成果なのでしょうか。

知らなかった……というより、知りたくなかった……。ていうか、そんなに自分大好きナルシストなら、もう少し洋服気をつかえばいいのに…。

そんなこんなで、もうすぐ結婚10年目を迎える我が家。あれほど気持ち悪かった主人の「家の中ナルシスト」ですが、今や全く気にならなくなっています。慣れって怖いですね。ただ食事中の鏡は子どもが真似するととんでもないので、没収させてもらいました。

文・編集部 イラスト・ももいろななえ