life

毛布にくるまって読みたい。寝る前にぴったりなおやすみなさいの絵本3冊

ehon.jpg
すっかり寒くなりお布団が恋しい季節がやってきましたね。冷え込む夜は、いつもより早めにお布団に入って温まりながらゴロゴロ過ごしたい!今回は、寝る前にぴったりの絵本3冊をご紹介します。

「こぐまちゃんおやすみ」

夜、パジャマに着替えて歯を磨いてトイレを済ませて…この絵本は、こぐまちゃんが眠りにつくまでのお話です。こぐまちゃんの、自分で寝支度ができるようになった誇らしげな姿や、寝るのを惜しんでおとうさんとひと遊びする姿、安心を求めておかあさんに絵本を読んでもらう姿に子どもは自身の姿を重ねて聞き入ってしまいそう。「まだお布団に入りたくない!」というお子さんに読んであげたら、こぐまちゃんにつられて眠りたくなっちゃう!?かもしれません。

こぐまちゃんおやすみ (こぐまちゃんえほん) -
こぐまちゃんおやすみ (こぐまちゃんえほん) –

「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」

毎晩何気なく使っている寝具。でも、私達が気持ちよく眠れるのは、しきぶとんさん、かけぶとんさん、まくらさんのおかげなんですよね。この絵本は、眠りをサポートしてくれる寝具達に「あさまで よろしくたのみます」とお願いをしてから眠りにつくまでのちょっと不思議なお話。寝具達が体を温めてくれるのはもちろんのこと、擦り傷を直してくれたり、怖い夢を見ないようにしてくれたりと手厚く守ってくれます。読んでいると温かいお布団が恋しくなっちゃう1冊です。

しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん (幼児絵本シリーズ) -
しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん (幼児絵本シリーズ) –

「いそがしいよる」

星のきれいな夜に、この星空を眺めながら眠りたいとひらめいたばばばあちゃんが眠りにつくまでの物語「いそがしいよる」。何が忙しいのかというと、寝るためのベッド、寝る前に熱いお茶を飲むためのお茶道具、それらを置くためのテーブル、他にも家の中のありとあらゆるものを外へ運び出すから。その様子はまるで引っ越し!寝るために必要ないであろう「フライパンもあめだまも、そろばんも、きゅうきゅうばこも、ミシンも」運び出すシーンでは、筆者の子どもは可笑しくていつも大笑いです。ばばばあちゃんが安心してやっと眠りにつく姿を見届けたら、なんだかこちらまで眠くなっちゃいそう。

いそがしいよる―ばばばあちゃんのおはなし    こどものとも傑作集 -
いそがしいよる―ばばばあちゃんのおはなし こどものとも傑作集 –

いかがでしたか。子どもと一緒にお布団の中でぬくぬくしながら読んでみてくださいね。

転載元:毛布にくるまって読みたい。寝る前にぴったりなおやすみなさいの絵本3冊(by マムメモ)

関連リンク

楽しくって可愛い! 世界の知育玩具で遊ぼう!
5才差兄弟、離れすぎ?いいえ、実はこんなにメリットが!
親子で芸術に触れたい秋。現代美術アーティストが手掛けた絵本3選