recipe

残り物で北欧風グラタン!ムーミン谷のお料理上手な”フィリフィヨンカの残り箱”

%e6%ae%8b%e3%82%8a%e7%ae%b12
ムーミンのアニメを見ていた世代のママも、ムーミン大好き!な方でも、ムーミンのご近所さんであるフィリフィヨンカと言われると、どんなキャラクターだったかなぁという方も多いはず。
ムーミン一家では「フィヨンカさん」と呼ばれていてで背が高く痩せていて、細くとがった長い鼻と、まっすぐな長い髪に赤いコートを着た3人の子持ちのママなんです。そんなフィリフィヨンカもお料理上手で、残り物を使って美味しいものを作ってくれます。
北欧では四角のキャセロールのことを「箱」と呼ぶそうで、箱に入れて料理を作りましょう、という考えがあるそうです。
今回は、残り物でお料理を考えるのが大好きなフィリフィヨンカが作る、寒い冬にオススメな北欧風グラタンのレシピを再現してみました。
3
小麦粉でホワイトソースを作る必要もなく、マカロニや生クリームなども使わず簡単に作れる“フィリフィヨンカの残り箱(グラタン)”です。例えば、鍋で残った魚や豚肉など中身の素材を変えて、パプリカパウダーを加えるだけでも北欧らしい素朴なグラタンにアレンジすることができますよ♪ぜひ作ってみてくださいね。

材料 4人分

じゃがいも
:2個
玉ねぎ
:2個
ベーコン
:100g
切り身のタラ
:150g
マッシュルーム(缶詰)
:100g
牛乳
:400cc
:1個
パプリカパウダー
:大さじ2
塩、胡椒
:適量
バター
:適量

作り方

1.玉ねぎのみじん切りにし、ベーコンは短冊切りにする。フライパンにバターを熱して玉ねぎとベーコンをきつね色になるまで炒める。
2.缶詰のマッシュルームは水分をとってカットする。ボイルした切り身のタラの骨をのぞき、あらくほぐしたものとマッシュルームを1.に加えて2~3分炒める。2
3.じゃがいもを茹でてマッシュポテトを作っておき、牛乳、卵、2.を混ぜて、パプリカパウダーで風味をつけ、軽く塩、胡椒をする。1
4.バターを塗った耐熱容器に入れて200 度に熱したオーブンで40~50分ほど焼く。2
%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%a8%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%81%ae%e6%ae%8b%e3%82%8a%e7%ae%b1%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%bf%e3%83%b31※容器の深さや大きさによって焼き時間は異なります。水分がなくなる程度まで焼いてください。

レシピ監修:坂井みさき
雑誌編集・海外旅の経験を活かし、2010年から「紅茶でおもてなし教室 TEA MIE」を主宰。
テーマにあわせた「紅茶の船旅」を体感できるオリジナルの「お茶会」を開催。UKティーカウンシルティーマスター。エキサイトブログ「ミンミンゼミ」にてお茶会、食べ歩き、旅の情報を毎日更新中。
ブログはコチラ