life

「夕焼け空って何色に見える?」小さい子どもの思いがけない答え

pixta_24189067_m

先日、友人ママさんとこんな話になりました。
私「今日すごくいい天気だよねー」
友「ほんときれいな青空」
私「だけど、子どもの頃に見てた青空って、もっと青かった気がしない?」
友「するする!ヒマワリはもっと黄色かった気がするし、なんか、世界がもっと明るかったような気がするんだよね、いろいろある中年の気持ちのせいじゃなくて(笑)、単純に視覚的に」

実際、青空は、今よりもっと青く見えていたのでしょうか? それとも、気持ちのせいでしょうか?

■8歳くらいの子どもの視力は大人とほぼ同等、でも…

視覚は生後3~6か月で急激に発達し、その後8歳くらいまで緩やかに発達していくそうです。もちろん個人差はありますが、幼稚園年長~小学生くらいの子どもなら、大人と同じような見え方をしているということになります。

<参考>

公益社団法人日本視能訓練士協会「こどもの目の健康チェックシート」(PDF)

http://www.jaco.or.jp/pdf/mame/check.pdf

大人になった今と、小学生の頃では、見え方は同じ。しかし子どもの頃は、今より格段に、ピュアにこの世界を感じとっていた気がします。

■幼稚園年長の女の子が見た空の色は…

少し前、年長さんの娘と、カフェでお茶をしていた時の話です。素敵な白い窓から、きれいな色の夕焼けが見えていました。ふと娘に「あの空の色って何色に見える?」と聞いてみたら、思いがけない答えが返ってきました。

少なくとも、私には「オレンジ、水色、白、青、ピンク」くらいしか見えていなかった空の色。
娘は「えーっとね。オレンジ、水色、白、青、ピンク! それからね、黄色、グレー、むらさき、紺色、金色、黒!」

「えー!そんなに色あるんだ?」と驚きつつ、もう一度目を凝らしてみると、本当にそれらの色が空の中にあったのです

大人になると見えなくなってしまうもの、見えているのに無意識にまとめてしまっているもの、なかったことにしてしまうものが、この空の色だけでなく、他にもたくさんあるのだろうなと思いました。

子供の感性に触れることで、思い出すことがたくさんあります。大人になってしまった私、子育てで素敵な時間をまたもらえたな、と思います。