life

リビング学習のメリット・デメリットについて考えてみませんか?

DSC_0093.JPG

最近よく耳にする、リビング学習というキーワード。新入学を控え、ランドセルの次は学習机を購入しようと計画しているファミリーも多いと思います。が、購入する前にちょっとだけリビング学習について、考えてみませんか?

リビング学習のメリット

幼稚園時代はママにべったりだった子どもも、小学生になるとそろそろ自分だけの時間を楽しみたい、など独立心が芽生え始めるころ。親としても、ある程度は自立してもらわないと逆に困りますよね。かといって、いきなり全部子どもに任せっきりにしてしまうのも心配だというファミリーにお勧めなのがリビング学習です。低学年のうちは、子供部屋に学習机を置かずにリビングで宿題などをさせることで、子どもが何をしているか把握しやすく、家族のコミュニケーションがとりやすいというメリットがあります。夕食の支度をしながらでも宿題をみてあげられるので、忙しい時間帯に何度も子供部屋に呼び出されることがなく、その場でやりとりができて助かる、とママ達からも支持されています。

家族構成によってはデメリットも…

兄弟・姉妹がいるケースでは、必ずしもリビング学習がお勧めというわけではありません。あまり年齢差がない場合はそんなに気にすることもないかも知れませんが、年齢差がある場合はよく考えてあげたほうがよいでしょう。例えば、小学生のお姉ちゃんが遊びから帰ってきて夕飯までの時間にリビングで宿題をやる、となった場合。なかなか宿題が終わらず夕食の時間に食い込んでしまう、なんてことは容易に想像できますよね。大人は、宿題が終わるまで夕食を我慢することはできますが、まだ小さい下の子どもはそうはいきません。お互いが不都合や不満を感じながら生活することになるくらいならば、いっそのこと子供部屋に学習机を準備してあげてそれぞれの空間を大事にしてあげることを考えてあげてもいいかも知れません。

新入学までは、まだ時間があるので慌てて家具を購入する前に、自分の家庭にはどんなスタイルを選択するのがベストなのか話し合ってみてはいかがでしょうか。そして、家族みんなで子どもの背中を見守ってあげてくださいね。

転載元:リビング学習のメリット・デメリットについて考えてみませんか?(by マムメモ)

関連リンク

初めての子どものおつかい、どのタイミングで行かせるべき?
100均よりプチ贅沢!?ママが楽しむフライングタイガー~おもちゃ編
無駄買いをしない!出産後に本当に使えた100均グッズ。キャンドゥ編!