manga

【出張連載・第四回(最終回)】息子って異世界人?!な爆笑育児生活『Kosodatefulな毎日』

 

 

%e3%82%b3%e3%82%bd%e3%83%80%e3%83%86%e3%83%95%e3%83%ab%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%88%e3%81%84

やんちゃ3兄弟との育児生活をつづっているブログ「Kosodatefulな毎日」

書籍発売を記念して、著者のちゅいたんママさん、KADOKAWA編集部から、出張掲載させていただきました^^(KADOKAWA編集部)

~④激しい言い間違い編~

幼い子どもって滑舌(かつぜつ)が悪かったり。
言い間違いが多かったり。
そもそも語彙(ごい)力がなかったりするので、

親はその行間や雰囲気を汲み取って想像力豊かに、

「それが何を意図しているのか」

を読み取らなければならない。(至難の業)

なんとなくニュアンスは掴めるとか、
言ってることはわかるレベルならまだヒントになるのだけれど、
ゆいたんにおいては、まったく通用しない。

たとえばそれは夕食時。食卓におかずを並べた。

炊き立ての白米の上にあるものをかけてあげると、

ゆ:「わぁ~~♡ ゆかり感嘆

でも。それ

%e8%a8%80%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%8c%e3%81%84%e7%b7%a8_01

一文字も合ってないけどな。

色素から生態系からなにから違うけどな。(心配)
どないなってんねん、この子。ビビるわ。
またあるとき。

お友達と一緒にピクニックに行っている時に、
ゆいたんがあちらを指さして、

「マチメロ!! マチメロ!!!!」 

と叫び出した。

指さすほうを見てみたら、
そこにあったのは

%e8%a8%80%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%8c%e3%81%84%e7%b7%a8_02

分かるかぁぁーーーー!!!!

絶望的に違う。

な……なんなの……こんなにも壊滅的に違えるなんて

むしろ天才かもしれないポジティブ
そしてこの前。

幼稚園から帰ってきてすぐに

%e8%a8%80%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%8c%e3%81%84%e7%b7%a8_03

しきりに言ってくるんだけど、
そんな引き出しがついてるものは我が家にはなくって、
なんのことかわからないでいると、

ゆいたんが、

「こーーれ!! これのこと!!」

って見つけてきた。

いや、あの、

それ、

黄色の下敷き。な。

でも、まだ通じるかもと思った私はだいぶキテる(^0^)

 

今日の晩御飯の話題をしているときに、
ゆいたんが、

「それって気持ちよくなる鍋なんでしょ?」

って聞いてきた。

何か勘違いしている模様。

%e8%a8%80%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%8c%e3%81%84%e7%b7%a8_04

癒し系か。
(妄想)

「はーい、今日は気持ち鍋ですよ~~。」

「わー、あったまる~~。」

「気持ちいい~~」

うふふふ。

あはははは……!

キラキラキラ。
またあるときは、
サンバイザーつけるおじさんがいて、

「あれ、なに?」って言うから

「サンバイザーだよ

って教えてあげたら、
後日、脳内で

「スライダー」

に変換されていた。

おじさんの頭にスライダー。

前髪、直下降!!!

 

そうそう。
この子、電卓を手に持つともれなくお店屋さんごっこを始めるのだけれど
(電卓のフォルムがお店の人が注文を聞く機械に見えているんだと思う。)
店は決まって寿司屋。

しかも、いつもサーモンをめっちゃ推してくるんだけれど、

「~ですか?」

がうまく言えてないから、

結果、

%e8%a8%80%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%8c%e3%81%84%e7%b7%a8_05

サーモンへの誘導ハンパない。

「はい」

って言うまで引き下がってくれない大将。←行きたくない。

寿司屋のほかに、時々ほーちゃんファミレスも開店されるのだけれど、
注文聞きに来るウェイトレスがなかなか引き下がらない。

%e8%a8%80%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%8c%e3%81%84%e7%b7%a8_06

威圧感!!!

以上ですって言い終わるまでひたすら「それで?」「それで?」が続けられる。わんこ方式注文スタイル。

ちなみに、
ジュースは何がありますか?
って聞いたら

焼肉ジュースです。

って言った。

間違いなくすぐに潰れると思う、この店。

 

息子って異世界人?!な爆笑育児生活Kosodatefulな毎日

書籍のご購入はこちら
Amazon商品ページへ

ブログ『kosodatefulな毎日』はこちら
http://ameblo.jp/chunta-2011/

著者紹介


%e3%82%b3%e3%82%bd%e3%83%80%e3%83%86%e3%83%95%e3%83%ab%e8%91%97%e8%80%85%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

ちゅいたんママ

アメーバブログにて子育てブログ「kosodatefulな毎日 ~我が家の3太。」(http://ameblo.jp/chunta-2011/)を開始後、無理しない、あっけらかんとした明るさでじわじわと人気に! 2016年現在、男の子ママが「わかるわかる!」と激しく共感出来るエピソードや、小2・4歳・2歳のやんちゃ3兄弟が巻き起こす珍事件を爆笑絵日記として連載する。