manga

【出張連載・第三回】息子って異世界人?!な爆笑育児生活『Kosodatefulな毎日』

%e3%82%b3%e3%82%bd%e3%83%80%e3%83%86%e3%83%95%e3%83%ab%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%88%e3%81%84
やんちゃ3兄弟との育児生活をつづっているブログ「Kosodatefulな毎日」

書籍発売を記念して、著者のちゅいたんママさん、KADOKAWA編集部から、出張掲載させていただきました^^(KADOKAWA編集部)

~③トイトレの幻想編~

ほーちゃん、現在2歳。

2歳の大きなテーマといえば、
多くのお母さんたちが頭をかすめるはずの
トイトレ。

オムツ、はずさなくっちゃ!って考えてる方 多いと思うのよね。

我が家の場合は、

ちゅんたん・1歳7か月
ゆいたん・2歳7か月
ほーちゃん・2歳2か月

でオムツははずしたわけだけど、私、思うの。

オムツ履いてるほうが親にとっては断然楽って。

ちゅんたんのトイトレが終わるまでは、オムツ取れたら楽だよね~~って思ってたんだけど、
むしろその反対。

パンツ生活になったほうが
圧倒的に大変。

成長はとっても喜ばしいことなのよ。
いつまでもオムツでいるのか、お兄ちゃんパンツになるのかっつったらそりゃパンツになることを選ぶけれど、

でもね。
なんつっても忙しい。

一人でできるわけじゃないからねー。
親がついていってあげないとできないからさ。

そして何よりも、
予測が不可能。

突然それはやってくる。
スーパーのレジで並んでて
あともうちょっとで順番が回ってくる!ってなった時に限って

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e7%b7%a8_01

って言ってきたりすんのよーー!!(号泣)

きっとお母さんあるあるだと思うわ~~~。
泣きたくなった人いっぱいいると思う。

もうね~~(*´Д`)

くよね。

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e7%b7%a8_02

人目を気にする小心者なので、トイレに入って個室でめっちゃ鳴いてたりする。
隣の個室から牛の鳴き声聞こえたらそれ、私です。

2歳児ってさ、
なんでかわかんないけど、ママがトイレに誘うと絶対に断るよね。
なんなのこの差別。
保育園ではすんなり行くのに。

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e7%b7%a8_03

モジモジしてるから誘うんだけど、
絶対に1回で「うん。」て言わないの!

かたくなに行こうとしないから、
先に進んだとするでしょ?

で、これがスーパーだった場合、
トイレからもっとも離れた食品コーナーのど真ん中とかで

「ママ。おしっこ~~~。」

とか言い出すんだよね。
(だぁぁ~~か~~~らぁぁぁ……!!)

はい、最悪。
こんちきしょうっ!!

すべてのものを投げ捨てて

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e7%b7%a8_04

トイレへダッシュ!!!

だーーから
最初に行こうってあんだけ言ったのにぃぃ~~~!!
もぉぉぉーーーー!!

ズドドドドド(走)

あぁ、きっとお母さんたち
「わかるーー!」
っておっしゃってる方多いと思うわ(--;)

この嫌がらせ的パターン、ほんと多くない!?

そんでさ、
ついでだから自分のトイレしておこうって思うじゃん?

でもさ、
奴ら、自分が終わればさっさと出ようとすんだよね!(薄情)

しかも、多目的トイレで頻発(ひんぱつ)。
(外出たらそこは通り道。)

鍵、カチャっ。

ひぃぃぃぃぃ~~~~!!!(汗)

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e7%b7%a8_05

やめてやめて!

出ないで!

ダメ!開けないで!!

BBAのあられもない姿がぁぁぁ~~!!
(公開危機)

って頼んでんのに、すんごい悪そうな顔で振り返ってきたあの顔を忘れない……。
(ワルい。)

しょうがないのよ!?
尿意・便意は突然に。
こればっかりはしょうがないんだけれども!!

本を受け取って帰るだけのたった5分の本屋で、

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e7%b7%a8_06

って言われた日にゃぁもう……
なんのために本屋に来たのか……白目

答)二階にしかないトイレにあがって汗かきながらうんちをさせるため。

ツーーーっ!

いまから思えば
オムツって楽だったなって思う。

けど、
それでもやっぱり、

排泄が自力で調節できるって
人間にとってすんごい成長!

だから、私、オムツはずしは好きです。

もらしても汚しても
その先には明るい未来があるから頑張れる!

オムツがはずれたら、またグン!と大きくなったような気がするんだよね。
不思議。

もちろんその子その子でペースは違うから焦る必要なんて全くありません。

あ、あと。
私の持つカバンが一回り小さくなった。
常におむつとおしりふきセットを入れて出歩いてたのが、
いまはお財布と携帯ぐらいでいいので、ずいぶんと小さなカバンになり……。

我が家はもうこれ以上産む予定はないので、
赤ちゃんのお世話をすることもない私にとって、
ひとつの時代が終わったんだなーって
カバンの大きさで実感するいまです。

『息子って異世界人?!な爆笑育児生活 Kosodatefulな毎日』

%e3%82%b3%e3%82%bd%e3%83%80%e3%83%86%e3%83%95%e3%83%ab%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%88%e3%81%84

書籍のご購入はこちら
Amazon商品ページへ

ブログ『kosodatefulな毎日』はこちら
http://ameblo.jp/chunta-2011/

著者紹介

%e3%82%b3%e3%82%bd%e3%83%80%e3%83%86%e3%83%95%e3%83%ab%e8%91%97%e8%80%85%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

ちゅいたんママ

アメーバブログにて子育てブログ「kosodatefulな毎日 ~我が家の3太。」(http://ameblo.jp/chunta-2011/)を開始後、無理しない、あっけらかんとした明るさでじわじわと人気に! 2016年現在、男の子ママが「わかるわかる!」と激しく共感出来るエピソードや、小2・4歳・2歳のやんちゃ3兄弟が巻き起こす珍事件を爆笑絵日記として連載する。