talentcolumn

蛯原英里:第8回 ここまで理解して、支えてくれる人は他にいない

学生の頃からお付き合いされてた方とご結婚され、結婚10年目でお子さんを授かったという蛯原英里さん。
旦那様との馴れ初めや、今後の活動についてお聞きしました。

ebihara_8_pic02

■旦那様との馴れそめを教えて頂けますか?

看護学校に通っている時に、他の看護学校と合同の運動大会があって、私は中学の時バスケをやっていたので、バスケの対抗試合に出ることになっていたんです。
その試合のために、皆で体育館で練習していたんですけど、そこにいたのが今の主人です。

彼は小学校からバスケをやっていて、社会人バスケで体育館に来ていました。
私のチームはできる子が全然いなくて、教えてくれる人がいなかったので、その中の一人がそこにいた彼に声をかけてくれて、私達のチームを教えてくれることになったんです。
それから試合まで2カ月間ぐらいコーチをしてくれていました。

■どのようにお付き合いに進んだのですか?

試合が終わって打ち上げみたいな飲み会があって、連絡先を交換して遊ぶようになり、付き合うことになりました。
付き合って5年で結婚して、今結婚して10年目で子どもを授かりました。
結婚して10年は長いように思えますけど、自分にとっては、自分のやりたいことを必死にやってきたので、あっという間でしたね。

■妊娠おめでとうございます!マタニティライフはどのように過ごされる予定ですか?

特に何かを変える予定はないんですけど、食生活は、野菜を多く摂るようにして、バランスの良い食事にしたいと思っています。
あと、マタニティヨガをやりたいと思っていたので、4月から学校に通うので楽しみです!

赤ちゃんがいる状態で習えるので、妊娠中はどこが辛くて、痛いのかが体感できると思うので、出産して少したったら、そういう経験を生かしてマタニティヨガのインストラクターも出来たらいいなと思っています!

■旦那様が今まで支えてくれた出来事などはありますか?

もう全てですね~!!

看護師として働く中、結婚した後、上京したいって言った時一緒に来てくれた。
もちろんお互い仕事のあてもないままやってきて、彼は知り合いの美容師さんのところでプレスの仕事を始めてくれました。

彼は長男なので、実家も守らなきゃいけないとか、色々あったと思うんですけど、いつも私の好きなことをやらせてくれていて、常に支えてくれていて、ここまで理解してくれる人は他にいないんじゃないかなと思っています。
私は彼ほどのことをしてあげられるかは分からないけど、前向きというところでは一緒にいい方向に持っていけると思うんですよね。

私がやりたいことに進んでいる時に、うじうじしていたら彼も参っちゃうと思うし、毎日笑顔で、家庭を明るく楽しくもっていけることが、私が彼にしてあげられることだと思っています!

■今後の目標があれば教えていただけますか?

47都道府県のうち、24か所、ベビーマッサージのレッスンにまわることができたので、今後はまだ行っていない県にも行って、全国の赤ちゃんとママをハッピーにしたいなって思っています!
ベビーマッサージは、体だけにいいんじゃなくて、親子の心の部分も育てることを伝えていきたいと思っています。

歯磨きを毎日するのと一緒で、普通の生活で一連の流れとしてできるものになっていってほしいと思うし、今後は産婦人科とも連携して伝えていけたらいいなと思っているんです。
私は病院で働いていた経験があるからこそ気づいたこともあるし、それをお母さんに伝えていって、今後はベビーマッサージと病院を結び付けて、懸け橋になれたらいいなと思っています。

今年に入って、産婦人科と協力して、ベビーマッサージの体験レッスンをするというイベントをすることができたので、今後はもっと増やしていきたいです。
それから、4月から通うマタニティヨガも勉強して、それを今度は自分が皆さんに伝えていけたらなと思っています。

■最後に、ママスタを見ている皆さんにメッセージをください。

ebihara_8_pic01

私がお伝えしてきたベビーマッサージは、赤ちゃんの時期だけでなく、幼稚園や中学校に上がっても続けられる親子のコミュニケーションです!
子どもだけでなく、もちろん大人がやるのも問題ありません。仕事でお疲れの旦那さんにマッサージしてあげることもすごくいいことだと思いますので、ぜひやってみて、家族で幸せな時間を過ごしていただければと思います!

ありがとうございました!
今までに語られたことのない、旦那様との馴れ初めから、ベビーマッサージに対する熱い思いなど、沢山のことをお話していただきました。
無事、元気なお子さんを出産され、ママとして活躍されるのが楽しみですね!
(撮影:chiai)

参考トピ (by ママスタジアム
第8回 ここまで理解して、支えてくれる人は他にいない