talentcolumn

蛯原英里:第2回 ベビーマッサージは心と身体の両方に良い影響がある

看護師としてNICU(新生児集中治療室)で勤務後、ベビーマッサージを世に広めるため、資格を取得された蛯原英里さん。
今回は、ベビーマッサージの効果について伺いました。

ebihara_2_pic01

■ベビーマッサージでは何をするのですか?

ベビーマッサージは、オイルを使った、ママと赤ちゃんとのマッサージを介したコミュニケーションやスキンシップのこと!
アイコンタクトをしっかりととりながら行うものです。
大好きなママに優しく触れられることは、赤ちゃんに安らぎをもたらしますし、心地よい刺激が赤ちゃんの五感に働きかけ、心や身体、脳の発達によい影響を与えます。

■ベビーマッサージの良いところを教えていただけますか?

心と身体の両方に良い影響があるところです。
まず、お子さんの落ち着きが変わります。
夜泣きや便秘、ぐずりが解消したり、ミルクも沢山飲んでくれることが多いですよ。
そうした育児の際の負担軽減によって、親にも精神的な余裕が生まれてきます。

加えて重要なのが、早いうちから習慣として取り入れることで、お子さんが何を考えているのか感じ取り易くなるんですよ!
医学的にもスキンシップによるオキシトシンという愛情ホルモンの分泌が証明されています。

■便秘にも効くんですか?

下半身の血行が悪いと便秘になりやすいんですけど、ベビーマッサージは全身の血流をよくしてくれたり、おなかや股関節を刺激し、腸の動きをよくすることも赤ちゃんのうんちを出やすくするといった便秘改善効果があります。

ベビーマッサージは赤ちゃんにとって全身運動です。
体全体がポカポカになり、汗をいっぱいかくことで新陳代謝が活発になって、体の中の悪いものが出やすくなって、肌がきれいになる効果もありますよ!

■他にも良い効果はありますか?

ebihara_2_pic02

赤ちゃんの免疫力や自然治癒力が高まり、丈夫な体を作ります。
また、リラックスすることで眠りの質が高まり、夜泣きが軽減して、成長ホルモンの分泌が高まります。
体の柔軟性が高まり、寝返りやはいはい、たっちなどの運動機能も発達します。

赤ちゃんに優しく触れることでママ自身もリラックスし、初めての育児に不安な新米ママも、日々赤ちゃんに触れることで赤ちゃんの気持ちや体調の変化がわかるようになり、育児に自信が出てきます。
ママと赤ちゃんの触れあいを通して、絆を深めてくれるとともに、赤ちゃんの成長を助け、ママの子育て力も大きく伸ばしてくれます。

ママにとっては、家事や仕事、雑事を忘れ、赤ちゃんとじっくり向き合うことで、赤ちゃんへの愛おしさが増してきます。
ゆったりした時間はママ自身のリラックスタイムにもなりますね。

■赤ちゃんが嫌がった時はどうすればいいですか?

そんな時は今日は脚だけ、明日はおなかだけ、という風に無理をしない範囲でやってみてください。
少しずつ、赤ちゃんが受け入れてくれるところ、やり方を探して見てください。

どうしても嫌がったらすぐにやめて、別の機会にチャレンジしてみればいいんです!
楽しい経験を積み重ねてだんだんと慣れてきて、ママも赤ちゃんが喜んでいるところが分かってきます。

ありがとうございました!
次回は、いよいよベビーマッサージの方法を教えていただきます!
お楽しみに!
(撮影:chiai)

参考トピ (by ママスタジアム
蛯原英里:第2回 ベビーマッサージは心と身体の両方に良い影響がある