life

「妻たちの本音座談会」出産を機にセックスレスになるママたちの本音とは?

夫婦二人の時はラブラブだったのに、妊娠、出産を機にセックスレス突入! という夫婦は多いよう。実は、そこには子育て奮闘中のママならではの事情があるのです。現在セックスレスで悩んでいるママと、それを乗り越えたママ、臨床心理士のchizuさん、助産師のIzumiさんを迎え、座談会でそれぞれのセックスレス事情を聴いてみました。

Aさん(30代後半):10歳と6歳のママ。息子へのしつけに関して旦那さんの対応に嫌悪感を持ち、約3年間セックスレスに。現在はほどよく解消。

Bさん(30代後半):2歳の女の子のママ。夫婦仲はいいけれど出産後からセックスレス。現在2人目がほしくて悩み中。

chizuさん:都内でスクールカウンセラーする傍ら自宅サロンにてヨガレッスンと子育てや子どもの発達の相談を行なっている。

Izumiさん:マタニティヨガやベビーヨガ&マッサージ、ママ向けのイベントを中心に親子の絆を深めるお手伝いをしている。

セックスどころか日常会話すらない状態が3年間

7

(写真右/Aさん、写真左/臨床心理士chizuさん)

――さっそくですが、セックスレスになったのはいつから?

Aさん:子どもが生まれて3年間くらいはずっとしてなかったです。小学生の男の子が2人いるんですが、2人とも発達障害の疑いがあって、できないことが多かったんです。それに対して旦那の理解がなくて……それが原因で旦那との間がギクシャクしちゃって。

――その間、旦那さんとの夜の関係は?

Aさん:まったくなかったですね。「この人は何をいってもわかってくれない。子どものことを愛しているようには思えない!」となっちゃって、寝室のドアは常に閉めている状態(笑)。さらに、旦那も仕事柄、ずっと自室で過ごすことが多くて出てこないんですよ。だからセックスどころか会話がない状態が2、3年続きましたね。

――えー! よくもちましたね。旦那さんからのアプローチは当然……。

Aさん:向こうがボディータッチをしてきたりとか、謎のアピールがあったんですけど。

――あったんだ(笑)

Aさん:日ごろのいきさつがあるだけに当然そういう気持ちになれなくて。すごくナチュラルにかわしてましたね(笑)

chizuさん:どんなふうに?

Aさん:「やめて」とかなにもいわないで、スッとよける(笑)

Izumiさん:何事もなかったかのようにね(笑)

Aさん:そうそう! そんな感じでかわしてました。

――その後、旦那さんとの関係は?

Aさん:上の子が科学館など知的なことに興味を持つようになったことをキッカケに親子の関係が改善してきたんです。それから子どもが家族で出かけたいというようになり、少しずつ旦那と話をするようになったという感じです。セックスレスの期間はだいたい3年くらいですね。会話が戻ってから今までは1年半くらいです。

勇気を出して誘ってみたものの旦那のほうが……!

――Bさんの夫婦関係はどんな感じですか?

Bさん:今、2歳半になる娘が1人いて、「2人目がほしいね」という話はするんですけど、産後から一切ないんです。旦那はいつもボディータッチとかしてくるんですけど、私のほうがそういう気にならないというか。

chizuさん:子どもが小さいうちは「そんな時間があったら寝たい!」という感じですよね(笑)

Aさん:日中子どもの相手をして、夜は子どもと一緒に寝ないと体力がもたない(笑)

Bさん:そうなんですよ! それに旦那が帰ってくると、夜中でもすぐに娘が起きちゃうからできないんですよね。そもそもずっと子どもの面倒を見ていて疲れているからしたくない。でもしないと2人目はできないし……。1回、私から仕掛けた時があったんですよ。でもその時はできなくて。

Izumiさん:断られちゃったの?

Bさん:そういうわけじゃないんですけど……。「今日、排卵日だ!」と思って旦那にいったんですよ。そしたらびっくりしたみたいで、結局できなくて。そこから一切自分から誘うこともなく、旦那からのアプローチもなく(笑)

仲はいいけどセックスはしない。今話題の友達家族とは?

――Bさんはご主人との関係はいいんですよね?

Bさん:そうですね。ただ、私にとっては旦那というより娘のパパという感じですね。だからそういう気分にはれなくて。

chizuさん:もしかして、友達夫婦になっちゃっているのかも? 恋人時代も終わり、夫婦にもなったからひと段落しちゃって、友達として会話や食事をするのは楽しい。でも、ドロドロした話はしない。

ある意味、子どもの話って直接お互いのことに触れなくていいから楽なんですよね。要するに世間話のような話しやすい話題になりがちなのかなと。楽しく話せることがあることは理想だし、いいことなんだけど、本当に話さなければいけないこと。例えば今回のセックスレスのようなことって話せていない人が多いんですよね。

妻が拒否していたら旦那の風俗はOK?

pixta_5932399_m

――自分が拒否していたら、旦那さんが風俗にいくのは許せる?

chizuさん:風俗と不倫は意味合いが違うという人もいれば、一緒だという人もいますよね。

Aさん:私は違うかな。違うけどいい気持ちはしない。「そこにお金を使うならなんか買ってよ!」ってね(笑)

Izumiさん:お金問題ですか(笑)

Aさん:自分が拒否している限りは仕方がないかなと思うんですけど、ただ行くならわからないようにいってほしい。風俗に行っていることがわかったら「そこまでしたいのか!」と男性の生理に苛立ちそう(笑)。まあ、不倫するよりはマシという感じですね。ただ、行くならお小遣いの範囲で!

Bさん:同じく。しかたないとは思うけど、行くならわからないようにしてほしいですよね。

出産後、回数や時間に変化はあった?

――出産前と後、性生活の時間に変化はありましたか?

Aさん:短くなったかな。子どもが起きてきちゃうから、なるべく早くみたいな時はありますね。

――いつしてますか?

Aさん:最初の頃は夜でした。でも旦那は帰ってきて疲れているから朝したいっていうんですよ。だから今は子どもを学校に送り出して、旦那が出勤するまでの間です。でも「朝の8時から私は何をしているんだ」と思うと、気持ち的にはなかなか盛り上がらないですね(笑)

男性は意外とナイーブ! ストレスホルモン1滴で立たないことも

――回数とか時間とか、現状に満足してますか?

Aさん:私はもう少し回数があってもいいかなと思います。

――今はどのくらいのペース?

Aさん:2カ月に1回あるかないかですね。旦那は「したいけど疲れているから」って。

Izumiさん&chizuさん:男性の時間の考え方と女性の時間の捉え方は違うかもしれないんですよ。女性は月1回、排卵日の時がムラムラ期だけど、男性は意外とナイーブだからストレスホルモンの1滴で勃たなくなっちゃうこともあるんです。だから、男性と女性の性サイクルの間にはかなり差がありそうだし、精神的なものなのかなぁと考えるんですよね。

レス解消は日々のスキンシップから

Aさん:どっちに合わせた方がうまくいくんですか?

Izumiさん:子作りということを考えると、もちろん女性のほうを優先した方が率は高まると思います。ただ、男性にもタイミングがありますからね。別に最後までしなくてもいいんですよ。あとは時間が短くてもいいから、とりあえずやっておく(笑)。

マッサージをしてあげるなどのボディータッチやスキンシップから始めてみては。回数を重ねることでレス解消のきっかけになるし、たとえセックスしなくてもある程度のスキンシップがあったほうが年がいってもお互いいい関係が築けていけると思いますよ。

 

(次回へ続く)

夫婦のセックスレスの体験談と解消法

■Izumiさんのブログはこちら

http://ameblo.jp/yumetanko/entry-12213041622.html

■臨床心理士 chizuさんのブログはこちら

Yoga salon candrika @練馬