life

乳歯の虫歯についてママが知っておきたい大切なこと

securedownload (21).jpg

子育てアドバイザーの河西です。3歳児検診で急増する虫歯。「毎日気をつけていたのになんで?」と思う方が多くいます。乳歯の虫歯にはどんな事が隠されているのか…今回は、虫歯についてお話したいと思います。

虫歯が急増する背景

1歳半検診では、ほぼ無いに等しい虫歯ですが、3歳児検診になると虫歯と診断され、落ち込んでしまうお母さんをよく目にします。「虫歯になると歯が黒くなる」実は、これが大きな間違いだったりもします。乳歯の虫歯は、永久歯のように黒ではなく「白」なんです。また、乳歯は歯が柔らかいために、虫歯の進行も早いとも言われています。「歯が白い=健康な歯」ではないのですね。そして、厄介なのは痛みがないことです。この痛みのなさから、虫歯の発見を更に遅らせてしまいます。なぜ、気付けなかったのか?自分を責めるのではなく、子どもの「歯」の本質を理解すると、納得が出来ることもあると思います。また、お子さんの食べ具合が遅いなど、普段と異なる時は、虫歯が原因ということも視野に入れておくと良いでしょう。

虫歯にならない為におさえたい4つのポイント

では、お子さんにはどのように歯磨きの大切さを知らせていけば良いのでしょうか?ポイントを絞ってお伝えしたいと思います。まず、一つ目は「歯と歯ブラシをしっかり当てて、歯垢をとること。少し強めにゴシゴシ磨きましょう」。二つ目は、「子どもの奥歯2本分くらいのブラシ幅の歯ブラシを用意して、フッ素の配合の歯磨き粉でブラッシングすること」。すすぎはフッ素の効果を残すためにも1度だけで大丈夫です。三つ目、「お子さんが進んで歯磨きをする習慣をつけましょう」。大人が側についてじっくりとその様子を伺い、口の中が綺麗になった心地よさをしっかり伝えていくのも大切です。そして、四つ目は「定期検診を必ず受けること」。これは、定期検診を受けることで、虫歯もですが、歯に関しての悩みや相談なども専門医がしっかりと答えてアドバイスしてくれるので、お母さん方にとっても心強いはずです。

今回は虫歯にテーマをおいて話をしました。乳歯が虫歯でも、生え変わった永久歯をきちんと保てば良いと考える方もいるかもしれませんが、乳歯が虫歯になり、そのままにしておくと永久歯の歯並びにも影響が表れるということを忘れないでください。幼児期は特に食の幅が広がり、虫歯になり易い時期です。「出先で歯磨きができない」そのような時は、お茶を飲む習慣をつけてください。お茶の中には、虫歯を予防し、殺菌してくれる作用も持ち合わせています。ちょっとした知識が、お子さんの歯を健やかに保つこともできますので、是非参考にしてみてくださいね。

転載元:乳歯の虫歯についてママが知っておきたい大切なこと(by マムメモ)

関連リンク

知っておくと役に立つ。子どもが頭をぶつけた時の対処方法。
大型スーパーなどで子どもが犯罪に巻き込まれないように気をつけること。
噛むことを育てよう。噛み上手な子どもに育てる大切な心がけ。