talentcolumn

藤本敏史:第1回 いつも素直で、自分に嘘をつかない所が僕には新鮮だった

お笑いコンビ・FUJIWARAのツッコミを担当し、「フジモン」の愛称で親しまれている藤本敏史さん。2010年8月にタレントの木下優樹菜さんと結婚し、現在は1歳7カ月の女の子のお父さん。(インタビュー当時2014年3月)
イクメンオブザイヤー2012を受賞された藤本さんに、育児や結婚生活についてお話を伺ってきました!
今まで語られたことのない、パパとしてのフジモンさんに大注目です!
全8回に分け、お届けいたしますのでぜひご覧ください♪

fujimoto_1_pic01

■奥様はタレントの木下優樹菜さんですが、奥さまとの馴れ初めについて教えてください。

雑誌の「anan」で、女性タレントがしゃべってみたい男性タレントを指名して対談するという企画があって、優樹菜が僕を指名してくれてご飯を食べに行くことになったんです。

素人の時から僕がテレビに出ているのを見てくれていて、「クイズ!ヘキサゴン」で共演するようになってから、面白そうな人だなと思って指名してくれたみたいですね。
その後、スタッフも一緒に何人かでご飯を食べに行ったりして、電話やメールでよくしゃべるようになって、惹かれていきましたね。

■どういったところに惹かれましたか?

飾らないところと言うか、自分を作ってないなぁと感じたんですよ。
いつでも素直で、自分に嘘をつかずにざっくばらんにしゃべる姿が、僕には新鮮だったんです。

■フジモンさんから好意を伝えたそうですが、実際付き合うことになるまでの過程を教えていただけますか?

fujimoto_1_pic02

最初に好きだと伝えた時は、「え?どういうこと?いつから?意味わかんないんだけど」みたいな感じですごく混乱していて、すんなりと振られましたね(笑)
結婚後に聞いた話だと、イケメンが好きだからぶさいくはちょっと・・・と思って最初は断ったらしいですけどね(笑)

■一度振られてからはどうしたんですか?

気持ちを伝えたら、これからは今までみたいに会うのはやめようと言われたんです。
付き合う気ないのに会ったりするのは、辛い思いするからやめようと。

それで、最後に皆でディズニーランドに行って、これでプライベートで会うのは最後にしようということになったんです。
閉園時間になってバイバイしたら、番組以外で会えなくなっちゃうんだ・・・と考えたら、悲しくて涙があふれてきて、それに気づかれないようトイレに行ったりして。

戻ってからも、やっぱりこれで最後に・・・なんて考えてるとどんどん涙が出てきちゃって、何度もトイレ行っていたら「おっさんってやっぱり頻尿なんだね(笑)」と言われました (笑)そうじゃないねんけどな~と思いながらもごまかしました!(笑)

男らしくかっこいいアプローチで、気持ちが伝わり付き合うことになったフジモンさん。
次回は、お付き合いが始まってからのお話を伺ってきました。
お楽しみに!
(撮影:chiai)

参考トピ (by ママスタジアム
藤本敏史:第1回 いつも素直で、自分に嘘をつかない所が僕には新鮮だった