child

長旅を飽きさせない0歳からのオススメ絵本!

Fotolia_111205998_Subscription_Monthly_M.jpg
新幹線、飛行機、車、どんな乗り物であれ、子どもは長旅でぐずりがち。そんな時に実際に筆者を助けてくれた絵本を、0歳~1歳向け、2歳~向けの年齢別にご紹介します。

0歳~1歳「とびだす!うごく!」シリーズ

IMG_2283.JPG

わらべきみかさんが描いた、手のひらサイズの飛び出す絵本。我が家にあるのは「はなとき」、「どうぶつえん」ですが、他にも「れっしゃ」や「うみのいきもの」など、子どもの好みに合わせて選べる幅広いテーマが10種類以上も揃っています。赤ちゃん時代はとにかく荷物が多いので、この本の小ささは本当にありがたい!そして、小さいけれど、しっかり躍動感のある仕組みになっているので、子どもも釘付けです。我が家の絵本は、写真でもわかりますが、飛び出す動物をいじり過ぎてボロボロになるほど愛読しています。

2歳~「あっちゃん あがつく たべものあいうえお」

IMG_2302.JPG

2歳になると、ますますいろんなものに興味が出てくるようになります。そんな子どもを夢中にさせる一冊。みねようさん原案、さいとうしのぶさん作。「あっちゃん あがつく あいすくりーむ」から、濁音、半濁音まで全て69音を取り入れた食べ物が続きます。はやしことば調の文章の語呂のよさ、食べ物を擬人化させた絵の可愛らしさ……何度めくっても飽きません。ちなみに、自分の呼び名や友達の呼び名(「あっちゃん」なら、あつしくん、あつこちゃんなど)のページが出てくれば、子どももテンションUP!ちょっと分厚いですが、それを持ち運ぶ労力を越える楽しい移動時間になるはず。

もうひとつ大切なのは、子どもの観察と出すタイミング

なお、どちらも、子どもを観察して絵本を選ぶことがキーポイントになります。例えば「あっちゃん あがつく たべものあいうえお」を選んだ理由は、我が娘2歳が保育園で、同じシリーズの「しりとりしましょ!たべものあいうえお」に夢中になっていることをリサーチしたから。そしてこっそり買っておいて、新幹線に乗った後で初めて見せました。出すタイミングも重要ですよね。

いかがでしょうか?せっかくなら、移動中も絵本を活用して、親子でストレスがない楽しい旅にしましょう!

転載元:長旅を飽きさせない0歳からのオススメ絵本!(by マムメモ)

関連リンク

冷静に買い物できるタイムリミットは23分。『無駄遣い』を防ぐ4つのコツ!
子どもの写真だらけ……スマホのカメラロールを整理できない人はコレ!
ご近所さんやママ友との付き合いに♪あると便利なお役立ちグッズ