life

知っておくと便利。葬儀・お祝い・お礼……こんなとき、いくら包むのが正解?

Fotolia_15947047_Subscription_Monthly_M.jpg

なんの準備もしていないときに起こるのが「冠婚葬祭」の常。身内だけの葬儀やお祝いなら、多少の準備不足は許されるけれど、学校や習い事、ご近所さんが相手となるとそうもいきませんよね。
どんなときに、いくら用意すればいいのか……ここで少し、おさらいしてみましょう!

香典の相場

香典の金額は、亡くなった方とのお付き合いの度合いや、相手が自分より目上かどうか、など関係性で判断します。とても仲が良かった場合は高めに包むようにしましょう。
また、あなたの自身の年齢により、金額は上下します。たとえば友人の葬儀に参列する場合、あなたが20~30代であれば最低限の5000円でOKですが、40代以上であれば上限の1万円を包むことをおすすめします。

ちなみに香典の場合は、金額が高ければ高いほど良い、ということはありません。高い金額を包みすぎることは「準備をしていた」という意味に捉えられ、遺族に対して失礼にあたるので注意しましょう。また、葬儀後の会食に出席される場合は、下記の相場に5000円~1万円(1名あたり)をプラスするようにします。

<香典の適正金額はこちら>
二親等(実父母・義父母)の場合=5~10万円
三親等(祖父母・兄弟、義祖父母・義兄弟)の場合=1~5万円
その他親族の場合=5000円~2万円
友人=5000円~1万円
知人=3000円~1万円
隣人=3000円~1万円
結婚式の仲人=1万円

お祝いの相場

お祝いに関しても、香典同様に、相手との関係やあなた自身の年齢により相場が前後します。ただし、お祝いに関しては多めに包むのがお約束です。

出産祝い=5000円~1万円
初節句や七五三=2000円~2万円
入学祝い=5000円~1万円
成人祝い=5000円~1万円
新築祝い=5000円~5万円
餞別=5000円
結婚祝い=1~10万円

結婚祝いの場合は、式・披露宴に参列する場合は「お祝い+食事代(2万円×同行する人数分)」を包むようにします。たとえば夫婦で出席するのであれば、お祝い1万円+夫婦の食費2万円×2で、トータル5万円を包めばOKです。

お礼はお金より、物でお返しを

子どもの面倒を見てもらった、不在の際に庭に水まきをしてもらった、結婚式で余興をしてもらった……こうした場合には、必ずお礼をするべきですが、現金で渡すと失礼にあたることも多いので、美味しい食事をごちそうしたり、なかなか買えないスイーツやフルーツを贈ったほうが無難です。
家に泊めてもらったり、里帰り出産でお世話になった場合も同様で、金銭でお返しすると失礼にあたることもあるので注意しましょう。

香典もお祝いもお礼も、基本的にはあなたの気持ち次第です。お世話になったからお返ししたいと思うのであれば高めに包むようにしましょう。いずれの場合も、手持ちのお金が厳しい場合は、額面を気にせず、無理のない範囲で包んでも大丈夫です。ただし、後で余裕が出来た際に、足りなかった分をお菓子やお線香代としてお渡しするのを忘れずに。

転載元:知っておくと便利。葬儀・お祝い・お礼……こんなとき、いくら包むのが正解?(by マムメモ)

関連リンク

冷静に買い物できるタイムリミットは23分。『無駄遣い』を防ぐ4つのコツ!
食べて買い足す、いいことづくめの備蓄方法「ローリングストック」
非常食にも便利な乾物☆賞味期限切れになる前に、常備菜にして賢く消費ローテーション!