life

それ間違っているかも? 衣替えアイテムを“売る”タイミング

Fotolia_106387837_Subscription_Monthly_M(1).jpg

秋もだんだんと深まってきて、衣替え真っ最中というママも多いのではないでしょうか。いらなくなった服はリサイクルショップに……でもちょっと待って!! 実はファッションアイテムには“売りどき”というものがあるんです。

せっかく持っていったのに…

先日とあるリサイクルショップで見た光景。買取カウンターにはパパ・ママ&キッズの3人。大きな袋をいくつもカウンターに置き、査定を申し込んでいました。ところが店員さんが「すみません、レディースの夏物は現在買い取りしていません」と一言。これにママさんは「え〜せっかく持ってきたのに!」とショックを受けているご様子。

そう、多くのリサイクルショップは在庫を抱えないため、シーズン後のアイテムは買い取らないもの。それを知らずに持って行くと査定価格が出ず、タダで置いていくか、持ち帰る羽目になってしまうのです。

ちなみにレディースに比べてシーズン性が問われないメンズボトムやキッズ服は買い取ってもらえることが多いです。

Fotolia_96802001_Subscription_Monthly_M.jpg

つまり今、売るべきは……

もうお分かりかと思いますが、衣替えのタイミングで売るべきなのは、秋冬もの。今ならコートなどのアウターや、ニットなどがおすすめです。衣替えで出したときに「これ、今年も着るかな〜」と迷ったアイテムを潔く手放すことで、新しいアウターを買う軍資金にもなりますよね。

さらに高く買い取ってもらうコツ!

リサイクルショップでは、買い取った服をそのまま店頭に並べることが多いもの。そのためアイテムはキレイな状態で持っていくのがベターです。同じアイテムでもきちんとアイロンをかけてあると状態がワンランクアップすることもあります。その際、ブランドタグと洗濯表示(ショップ側はここを必ずチェックします)のシワものばしておくのがちょっとしたコツ。

また少々判断が難しいのですが、手放すタイミングはその服を購入してから2〜3年
がベスト。それ以上経つと、シルエットや裾の処理などのディテールが変わってしまい売れなくなってしまいます。逆に去年買ったガウチョパンツなど、今季もまだいけそうなアイテムならバリューブランドでもお値段がつくもの。「まだ着るかな〜」ぐらいが売りどきなのです。

衣替え中のみなさんもこれからの方も、リサイクルショップに行く際は是非参考にしてみてくださいね。

転載元:それ間違っているかも? 衣替えアイテムを“売る”タイミング(by マムメモ)

関連リンク

冷静に買い物できるタイムリミットは23分。『無駄遣い』を防ぐ4つのコツ!
髪を乾かす前にヘアクリーム!日本人の髪質にぴったりのヘアケアはコレ♪
ご近所さんやママ友との付き合いに♪あると便利なお役立ちグッズ