life

食べて買い足す、いいことづくめの備蓄方法「ローリングストック」

Fotolia_117559792_Subscription_Monthly_M.jpg

いつ起こるのかわからない自然災害。地震だけでなく、最近では台風の猛威なども騒がれそれに伴う増水などの二次災害のニュースも報道されています。自分だけは大丈夫という考え方は捨てて、普段からいざという時に備えて家庭内でいろいろなものを備蓄しておくことが重要ではないでしょうか。今回は、各家庭に合った備蓄ができる「ローリングストック」をご紹介します。

「ローリングストック」って何?

備蓄というと、災害に備えて必要なものを長期間保存することをイメージされると思います。でも、仕舞い込んでしまうことで賞味期限が切れてしまっていたり、とロスが多いお宅も多いのではないでしょうか?その点、「ローリングストック」は備えておいたものを古い順から定期的に使用、消費して、減ったものを新たに買い足していくことで常にフレッシュな状態で一定量をストックするという考え方なんです。

非常時でも食事を楽しめる!

長期備蓄として準備する保存食品の多くは、缶詰など普段は食べないようなものが多くなりがちではないですか?いざ災害時となった際、ただでさえ緊張が続く精神状態の中で食べ慣れない保存食を食べ続けるということで、さらにストレスを増加させるケースも多いようです。でも食べながら買い足す「ローリングストック」では、必然的に苦手なものはストックせずに好みの味だけをストックするようになるので、その点も改善することが可能なんです。

今までの考え方にサヨウナラ~

長期保存、という概念を捨てることで従来の缶詰だけでなく、レトルト食品などの選択肢の幅はかなり広がると思います。最近では、プライベートブランドでも常温保存が可能なスープや惣菜なども充実しています。普段買い物をするスーパーで買い揃えることができるので、わざわざ揃える手間を感じることなく、保存食を備えやすくなりますよ。

水分は、ミネラルウォーターだけじゃない!

災害時の食事は、炭水化物に偏りがちになり栄養バランスが崩れやすくなります。なので今回は、備蓄品の中に水だけでなく野菜ジュースをストックすることをお勧めします。これがあれば、水分補給だけではなく、手軽にビタミンや食物繊維の不足を和らげることができますよ。野菜ジュースも、缶タイプの物では5年程度と長い賞味期限が設定されたものもあるので長期保存も可能です。もちろん、普段から野菜不足を感じたときなどに飲んで買い足すようにすることを忘れないでくださいね。野菜ジュースも、好みが分かれがちなのでお好きな味を見つけてストックしておきましょう。

食品のロスが減り、さらに美味しい保存食を常時キープすることのできる「ローリングストック」。ぜひ、みなさんの周りのママ友にもおすすめしてみてください。ストック食品を持ち寄って食べ比べランチ会を開催してみるのもいいですね。楽しみながら、情報交換も出来ちゃう一石二鳥なランチ会なら、きっと取り入れやすく感じてもらえると思います。

転載元:食べて買い足す、いいことづくめの備蓄方法「ローリングストック」(by マムメモ)

関連リンク

冷静に買い物できるタイムリミットは23分。『無駄遣い』を防ぐ4つのコツ!
100均よりプチ贅沢!?ママが楽しむフライングタイガー~おもちゃ編
非常食にも便利な乾物☆賞味期限切れになる前に、常備菜にして賢く消費ローテーション!