entertainment

男の子がハマる要素が満載!「仮面ライダーエグゼイド」

d6568-104-533375-4

2016年10月2日(日)からテレビ朝日系にて、仮面ライダーの新シリーズがはじまりました。その名も「仮面ライダーエグゼイド」。最近、仮面ライダーや戦隊モノから離れつつあった6歳の息子がハマったその内容とは・・・

■第1話「I’m a 仮面ライダー!」

主人公・永夢(飯島寛騎)は、仮面ライダー初となる『小児科の研修医』と言う設定。バグスターウイルスに冒された自分の担当患者・颯太が病院内の電脳救命センター(CR)という部屋に隔離されたことを知り、ゲーム大好きな颯太のストレス解消をさせようと、NEWゲーム「マイティアクションX」の発表会へと連れ出してしまいます。

img_107998_1

発表会会場で突如発症し、巨大なバケモノ『ソルティバグスター』になってしまった颯太。彼を救うため、衛生省から派遣された明日那(松田るか)が持っていた変身ベルト“ゲーマドライバー”とゲームソフト型“ガシャット”で仮面ライダーエグゼイド(レベル1)に変身します。実は、天才ゲーマー「M」でもある永夢。レベル2にレベルアップし、『ソルティバグスター』に体を乗っ取られそうになった颯太を救います。天才ゲーマー「M」こそが、明日那の探していた仮面ライダー適合者。そして、明日那の正体は、仮面ライダーをナビゲートするゲームキャラ・ポッピーピポパポ。これから、どんな展開が待ち受けているのでしょうか?

img_113177_4

■男の子がハマる要素って?

仮面ライダー×ゲーム、どちらも男の子が大好きなモノばかり。ゲームによくあるピコピコ音や、レベル1からレベル2にレベルアップする設定、そして、デジタルゲームとリアル世界がミックスした映像に、あっという間に息子はハマりました。そして、今までと大きく違うのは、仮面ライダーの姿。特にレベル1の時の仮面ライダーエグゼイドは、「ゆるキャラか?」と勘違いしてしまう姿をしています。それと対照的にレベル2では、ショッキングピンクに蛍光グリーンというド派手な姿で、これまでの仮面ライダーとはひと味違う雰囲気を醸し出しています。「CMに入る前もゲームみたいでオモシロいから一緒に観よう」と誘われ、筆者もついつい引き込まれてしまいました。

img_113177_2

イケメン俳優がそろっている歴代の仮面ライダーシリーズ。今回もエグゼイド・ブレイブ・スナイプ、脇役、悪役まで違ったタイプの俳優さんが揃っています。子どももママも日曜の朝の楽しみが増えそうですね!

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映