entertainment

宇多田ヒカル「花束を君に」の360度メイキング動画がスゴイ!

main
NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」は、大好評のまま10月1日に最終回を迎えました。

朝の出勤前に、子ども達を学校や幼稚園へ送る前後に観て、明日の放送ではどうなるのかと、毎日楽しみにしておられたママも多かったのではないでしょうか。

ドラマのオープニングで流れる番組の主題歌、宇多田ヒカルさんの「花束を君に」。綴られる美しい描写の中、大切な人との永遠の別れを連想させ、静かに涙を誘います。

そんな宇多田ヒカルさんの「花束を君に」のメイキング動画が公開されました。

このメイキング動画のスゴイところは、なんと「360度メイキング動画」ということ。
※スマートフォンかつ、youtubeの”アプリ”で再生しないと360度になりません。

動画を再生する

スマートフォンでこの動画を視聴すると、あなたの目線で360度好きな方向からメイキングを撮影する様子が見られるのです。

ワンルームのシングルベッドで膝を抱え歌う宇多田ヒカルさんを見た後、木漏れ日射す窓辺にアングルを替えたり、反対にスマートフォンを動かせばカメラを抱え真剣にカメラを通して被写体を見つめるカメラマンの姿が見えたり。まるで自分もその撮影現場にいるかのような感覚が味わえます。

この「花束を君に」は「とと姉ちゃん」のために書き下ろされた曲ですが、宇多田ヒカルさん自身も3年前に自身の母である藤圭子さんを亡くされ、その2年後である昨年の夏に彼女は第一子となる男の子の母となりました。

決して円満とばかりはいかなかったといわれる宇多田ヒカルさんと母・藤圭子さん。

自身も「母」となり「母」としての視点から、亡くなった「自身の母」を想って書いたのだとすれば、どんな気持ちでこのメイキング動画を撮影されていたのかを想像してしまい、涙がこぼれてしまいます。

「人間活動」を終え活動を再開した彼女が、益々私達の心を感動させるような楽曲を作りつづけていくことを、これからも期待していきたいと思います。

文・桃山順子