life

非常食にも便利な乾物☆賞味期限切れになる前に、常備菜にして賢く消費ローテーション!

unnamed (6) 3.jpg

東日本大震災が発生して早5年。あれから我が家でも防災を意識し出し、非常食に使える切干し大根やわかめなどの乾物を常備しています。だけどついつい、戸棚にあるのを忘れて賞味期限切れ…なんてことも。そこで今回は、3種類の乾物を使った常備菜レシピをご紹介します。皆さんのキッチンにも、使い切っていない乾物が余っていませんか?賞味期限が来てしまう前に、美味しく使いきってしまいましょう!

災害時にもミネラル不足知らず!わかめは春雨と和えてサラダに

unnamed (3) 2.jpg

【たっぷりわかめと春雨の中華サラダ】
(材料)4人分
乾燥わかめ:10g
きゅうり:1/2本
プチトマト:6個
春雨:20g
★しょう油:大さじ2
★砂糖:大さじ2
★酢:大さじ1
★ごま油:大さじ1
(作り方)
1、きゅうりを千切りにして、よく水気を切っておく。
2、乾燥わかめを水で戻し、その間に春雨を表示どおりに茹で、茹で上がったら食べやすい大きさに切る。
3、★を全て混ぜ合わせ、タレを作る。
4、しっかり水気を切った2ときゅうりに、3で作ったタレを合わせて混ぜ合わせる。プチトマトを飾って出来上がり。
サッパリとした酸味ときゅうりの歯応えが、箸休めにぴったり。わかめで食物繊維もたっぷり摂れますよ。

水不足時でも、そのまま食べられる切り干し大根!カレー味で子どもも食べやすく

unnamed (4) 3.jpg

【切干大根とパプリカのカレー粉炒め】
(材料)4人分
切り干し大根:20g
ひき肉(豚or鶏どちらでも):100g
パプリカ(細切り):30g
コーン:大さじ3
★切り干し大根の戻し汁:大さじ2
★めんつゆ(2倍濃縮):大さじ2
★カレー粉:大さじ1
★砂糖:大さじ2
ごま油:適量
(作り方)
1、切り干し大根を、15分〜20分程度たっぷりめの水で戻す。終わったら、水気を切って食べやすい大きさに切る。
2、フライパンにごま油をひき、切り干し大根を炒め、続いてひき肉も一緒に炒める。
3、ひき肉に火が通ったら、パプリカとコーンを加え★で味付けする。炒めてほぼ汁気が無くなれば出来上がり。
意外にカレーとひき肉と相性の良い切り干し大根。白ご飯にもよく合います。

混ぜご飯や煮物にも変身!適応能力抜群なひじきは、小松菜と炒めて

ひじき 2.jpg

【ひじきと小松菜の和風ツナ炒め】
(材料)4人分
乾燥ひじき:20g
小松菜:1/2束
ツナ缶:80g1缶
塩:ひとつまみ
ごま油:大さじ1
顆粒だし:小さじ1
(作り方)
1、ひじきは軽く洗ってから、10〜15分程度水につけ戻す。その後ザルに上げて水気を切る。小松菜は5センチ幅にざく切りにする。
2、フライパンにごま油をひいて、水気を切ったひじきを炒める。次に小松菜の茎→葉っぱの順でフライパンに入れ炒める。
3、全体に火が通ったら、次はツナ缶を汁ごとフライパンに投入。顆粒だしと塩を入れ、混ぜ合わせて火が通ったら出来上がり。
1歳半の息子には、ごはんの上にかけてよく食べさせています。苦手なひじきも、これなら食が進むようで、モリモリ食べてくれます。

我が家の非常食の乾物は、これらのレシピでスッキリ消費♪キッチン戸棚も整理できて、また新たに非常食を確保できそうです。皆さんも是非作ってみて下さい!

転載元:非常食にも便利な乾物☆賞味期限切れになる前に、常備菜にして賢く消費ローテーション!(by マムメモ)

関連リンク

冷静に買い物できるタイムリミットは23分。『無駄遣い』を防ぐ4つのコツ!
100均よりプチ贅沢!?ママが楽しむフライングタイガー~おもちゃ編
無駄買いをしない!出産後に本当に使えた100均グッズ。キャンドゥ編!