health

小児歯科医に聞く!歯の生え変わりで大切なこととは?

Fotolia_6821941_Subscription_Monthly_M.jpg

6歳前後になると、「歯がグラグラしてる!」「抜けた!」という子どもがまわりに増えてきます。わが子はまだですが、「抜けたけど、永久歯がなかなか生えてこない」といった話も耳にしてちょっと不安に…。そこで生え変わり時期、どんなことに気をつければいいのか、予防歯科、小児歯科がご専門の日下部れい先生にお話を伺いました。

子どもの歯をチェック!こんな時は歯科医に相談

東京・世田谷区の歯科医院で日々多くの子どもたちの診療にあたる歯科医師、日下部先生に「生え変わり時期に多い相談」を尋ねました。

●前歯が斜めに生えてきた
●抜けたけど暫く生えてこない
●グラグラして痛い
●横から永久歯が生えてきた
●生えるスペースがない

これらは必要に応じてX線で確認する、抜歯をする、矯正治療の必要性を診断したりするので、いずれも歯科医に相談してほしい状態だといいます。
乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきたら、正しい位置に生えるのを乳歯が邪魔しないよう抜いた方がよいことが多いそうです。

生えたての永久歯や乳歯も虫歯に注意!

生えたばかりの永久歯は「幼若(ようじゃく)永久歯」と呼ばれ、歯の強度が弱い上、奥歯の溝が深く虫歯菌の住処になりやすいのだとか。そのため、虫歯になりやすく進行も速いというから注意が必要です!家庭でフッ素入りの歯磨き粉を使う、歯科医院でフッ素塗布を受けたり、あらかじめ溝を埋める「シーラント」という処置を受けるのも有効です。

また、乳歯に虫歯があると口の中の虫歯菌が増えているため、永久歯も虫歯になりやすくなります。虫歯がひどくて、生え変わり時期より早い時期に抜いてしまう場合は、歯並びにも影響してしまうというから大変!虫歯になりやすい食生活、生活習慣が虫歯を招いていることも多いそうです。永久歯のためにも、乳歯の時から虫歯に気をつけることがとても大切なんですね。

抜けた乳歯、どうする!?

最近はネットでかわいい乳歯ケースもあって、記念に保管するおうちが多いかもしれませんね。「みんなどうするのかな?」と思っていた時に、世界各地で乳歯が抜けた時どうしているかをまとめた『せかいのこどもたちのはなし はがぬけたらどうするの?』(フレーベル館)という絵本を見つけました。枕の下に抜けた歯を入れて寝るとプレゼントに変わるなど、国ごとにいろいろなお話があって興味深いです。乳歯が抜けた時の参考にしてみてくださいね。

はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし -
はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし –

子どもの成長を実感する「生え変わり」。でもその時に慌てないよう、日頃から健診や相談ができるかかりつけの歯医者さんがいると安心ですね。

【参考】
カリフォルニア矯正歯科 三軒茶屋

転載元:小児歯科医に聞く!歯の生え変わりで大切なこととは?(by マムメモ)

関連リンク

捨てるのがとにかく苦手な人へ。ものを減らすのに有効な3つのコツを紹介します!
注意力がないのではなく、見えていない!?知っておきたい子どもの視界
知っておくと役に立つ。子どもが頭をぶつけた時の対処方法。