life

夜泣きの原因。もしかしてこれ?意外なものも

夜の公園

夜泣きという言葉の定義は、理由なく赤ちゃんが幼児が夜に激しく泣くことだそうです。

理由がなければ対策のしようもない、お母さんは困ってしまいますね。

今日は「そうはいってもあれが夜泣きの原因では?」と心当たりがあったというママの声を集めました。

空腹で泣く

泣いている子供

ミルクを飲ませすぎるわけにもいかず

ミルクの量が足りなかったみたいで夜泣きをしていたように感じます。

かと言って多めにミルクを飲ませると顔がパンパンになってしまうので、私が布団に寝っころがりその上に子供を寝かせる。ラッコのような状態にすると安心するのか寝てくれました。

生後半年ほどこの状態でしたがそれから夜泣きも収まりました。

逆に糖質の取り過ぎがの可能性も

3歳の時、夜ごはんもりもりを食べていました。お米などに含まれる糖分で、脳が活発に動き、夜泣きをしていました。夜にお米を控え、おかずを多めにしたり、デザートなどをやめるとおさまりました。

興奮・刺激で泣く

興奮のし過ぎで

1歳半位。初めての動物園に行って本人大喜びで興奮しっぱなしだったせいか、その日の夜は夜泣きがひどかったです。

1歳の時、くすぐられるのが好きで、夜寝る前に布団で一緒に寝ころびながらくすぐると笑い疲れ、すぐにぐっすりと眠りました。だけど当時、夜泣きをすることが多く、毎晩悩まされていました。
その後、天井にシアターを映すものを購入して、それで寝かしつけをするようになってからは、あまり夜泣きをしなくなりました。

いつもならメリーゴーランドや小さな子どもが乗る遊具だけにしか乗せなかったのですが、コーヒーカップに「このくらいなら大丈夫かな」と、乗せてしまったところ、帰りの車の中ではぐっすり寝てくれたので大丈夫だったのだと安心していたのですが、帰ってから寝たと思ったら、夜泣きがはじまりました。その時はアパートでしたので、慌てて主人と長男を車に乗せて、泣き止むまでドライブしました。

環境の変化

生後半年でパパの実家に一週間ほど滞在しましたが、それを機に夜泣きが始まりました。

子供が1歳の頃、実家に帰省すると眠りが浅く、よく夜泣きをしていました。いつもと環境が違うので、戸惑っていたのだと思います。

3歳の時のことです。保育園に入園して知らない人ばかりの場所に一人でいたのが原因と思われます。やはり親と離れていたのが不安だったのだと思いました。

叱られた・怖かった体験

泣いている赤ちゃん

叱られた・怖い体験

1歳の時の事です。予防接種の注射の痛みと驚きで大泣きし、その日の夜は注射のことを思い出したのだと思いますが大泣きしていました。

2歳2ヶ月のとき、節分のイベントで鬼を初めて見ました。
その時は大丈夫でしたがその数日後から急に夜に泣き出すようになり「鬼さん来ない?」など、鬼の話を持ち出すようになりました。
こちらが思っていた以上にダメージをうけてしまっていたんだなと、すごくびっくりしました。

3才の時、子どもに怒ってしまった時、よく夜に起きて、夜泣きをして、寝かし付けるのに大変でした。それからは、怒り方に気を遣うようになり、少しずつ怒っても夜泣きしなくなりました。子どもにしつけも大切ですが、怒り方には気を遣わないといけないと思いました。

4歳の時にキャラクタショーに連れて行きました。ショーでは客席に悪者が来るのを怖がって大泣きしている子供達もいました。その悪者の怖さに夜泣きしたのだと思います。

暑さ

生まれた時から夜泣きが頻繁で激しい子でした。
生後半年くらいでアトピー性皮膚炎と診断されました。卵と乳にアレルギーがあり、アトピー性皮膚炎だったため、少し暖かくなると、痒くて泣いていたのだと思います。その後、塗り薬の他に患部を氷で冷やしたり、クーラーを早い季節から利用することで夜泣きが少なくなりました。

その他

母乳にカフェイン?

子供が1歳の時、母乳とミルクの混合だったので、母乳の回数もその日にもよりますが、少なくなったころでした。たまにコーヒーが飲みたくなったり、チョコレートが食べたくなって「もう大丈夫かな」と自己判断で飲んだり食べたりしていました。母乳からカフェインが子供の体に入ってしまったのでしょうか。眠れなくての夜泣きだったようです。回数にとらわれず、母乳を飲ませている間は嗜好品は控えたほうが良いのですね。反省しました。

寂しくても泣く

7ヶ月頃から目が覚めると急に泣きながら私の方に寄ってきました。私の布団に入るとすぐに泣き止んだので、別の布団では寂しかったんだと思います。

もしかすると「夜驚症」かも

下の子を妊娠中、当時、上の子は4歳。
幼稚園の年中でした。安定期に入った夏頃、突然、寝入ってから1時間ぐらいで、起き上がり、激しく泣き叫び、「怖いー‼︎」とか、言いながら、走り出したり、こちらの声が全く聞こえていないようで、暴れるだけ。最初は、夜泣きのひどいのかな?と思いましたが、毎日の続くので、さすがに参ってしまい、ネットで、検索していたら、夜驚症という症状に、よく似ていて、今思えば、そうだったのかな?と思います。
今思うと、夜泣きのように、全く覚えていない感じで朝はケロッとしていましたが、兄弟が増えるという不安や心理的な物が関係していたのかな。と思います。
子どもは、繊細ですね。

関連記事
幼児や赤ちゃんが夜突然起きて泣き叫んだり、パニックに ‐ 夜驚症(やきょうしょう)の原因と対策。
赤ちゃんの夜泣き対策!今すぐ試せる5つの方法

コラム出典:夜泣きの原因。もしかしてこれ?意外なものも
(by 子ある日和)