life

インスタママたちの爽やか運動会コーデ!動きやすさとおしゃれを楽しむテクニックとは?

pixta_6160422_m

運動会にふさわしい季節になってきましたね。どんな服を着ていけばいいのか迷ってしまうママファッション。親子競技に参加するかどうかや開催場所によってコーデが変わってきますよね。運動会だからなるべく動きやすい服装にしようと思っても、ほど良い加減が難しいのでは?

今回はそんな運動会コーデのファッションのポイントとママスタ公式インスタグラムに寄せられたコーデをご紹介していきます。
季節限定ハッシュタグ「#ママスタ秋コーデ」もぜひチェックしてみてくださいね!

■1.シンプルなTシャツ+デニムの鉄板コーデ

特に運動会で親子参加の競技に出られるママは、動きやすいシンプルな服装が一番です。気張りすぎず親近感があり、好感が持てるコーデ間違いなし!

Mikaさん(@mika_haru)が投稿した写真

清潔感のある白いTシャツは顔映りも良く爽やかな印象に。ハイライズジーンズなので、応援や競技参加中にかがんでも安心ですね。さらにストレッチが効いているので、動きやすさも抜群!

■2.細身パンツで動きやすさ重視

運動会で乳幼児と一緒に競技に参加する保育園・幼稚園ママや、準備、片付けをお手伝いする小学生ママも細身ボトムスなら動きやすいですね! 足元はスポーティなスニーカーや女性らしいフラットシューズとの相性抜群!  

#manaさん(@mana.801)が投稿した写真

カーキの細身パンツと五分袖の黒のトップス。シンプルなコーデのアクセントにベレー帽をかぶって秋らしさをプラス。靴はトップスと同じ黒のスニーカーで統一感が出ますね!

@__mihi__が投稿した写真

流行のTシャツとキャミソールの重ね着でトレンド感満載! 白のスニーカーがスポーティでカジュアルな雰囲気が素敵ですね。大きめのハットも紫外線対策になり、秋らしい色合いが良いですね。

■3.ボーダーでおしゃれカジュアル

カジュアルなおしゃれといったら定番のボーダー。汗じみが目立ちにくく、下着が透けにくいボーダーは運動会など学校行事に最適!
デニムとの相性も良く、ボーダーの幅によって雰囲気も変わりますね。さらにキャップをかぶったり、かごバックでこなれ感を演出。

#yanさん(@yan___5)が投稿した写真

細身のボーダーとデニムのコーデ。トップスは前だけインすることですっきりとした印象になりますね。シルバーのフラットシューズがアクセントになっていて素敵です。  

#manaさん(@mana.801)が投稿した写真

太めボーダーにキャップのカジュアルなメンズライクなコーデ。ボトムスはロールアップして足首を見せることで、スタイルがさらに良く見えますね!

■4.シンプルなシャツコーデ

襟付きのシャツコーデはきっちりとした印象になりますね。インナーによっては天候に合わせて脱いだり、着たりできるのも重宝するポイント! 暑かったら腰巻きにするのもおしゃれですね。

misatoさん(@mi__c.n_n)が投稿した写真

落ち着いた色合いのストライプシャツをデニムにインする大人っぽいコーデですね。運動会でも動きやすいフラットなモカシンも秋らしいです!

■5.サロペットコーデ

サロペットは全身コーデに悩むママの強い味方! こなれて見え、地面にしゃがんでも背中が見える心配もなし。裾が絞ってあるタイプのサロペットなら動きやすい上に、裾に汚れがつきにくいですね。 

淡い色合いのサロペットはふんわりとした優しい印象になりますね。インナーの袖がフリルっぽくなっているのも可愛いポイント。スニーカーを選ぶとカジュアルな雰囲気になりますね。

■6.応援ママ向けワイドパンツコーデ

運動会で応援重視のママにおすすめのスタイル。フェミニンな印象になり、定番であるデニムのワイドパンツならトレンド感を意識できますね。
運動会が室内なら裾を気にせず着られそうですね。

namiさん(@nm.ks)が投稿した写真

濃いデニムのワイドパンツで流行を取り入れてるところが素敵ですね。スカートっぽいシルエットでフェミニンな印象に。ベルトを少し出すことでコーデにメリハリがつきますね!  

@__as.tが投稿した写真

プリーツパンツで柔らかい素材なので動きやすく、シワになりにくいのも良いですね! 靴は黒のスニーカーを合わせ、カジュアルな雰囲気に。

どの運動会コーデも動きやすく、爽やかなママコーデばかりでした。動きやすくて、汚れても大丈夫なファッションであれば、競技や応援に集中できますよね。当日慌てないためにも学校の雰囲気や開催場所、天候をチェックして何パターンかコーデを考えておくと良さそうです。ぜひ今回のコーデを参考にしてみてください。

そして日焼け防止のハットや寒さ対策の羽織ものもお忘れなく!

Kimura Aki

こちらの記事もオススメです