entertainment

ディズニー・ハロウィーンがスタート!ママ目線によるディズニーシーの見所とは?

■2016年ハロウィーンの開催概要は

ディズニーシーのハロウィーンの今年のテーマは『ディズニーヴィランズ』(※ディズニー作品の悪役たち)です。15周年のディズニーシーは妖しい雰囲気がしています。ランドとは異なり、こちらはダークな怖いハロウィーンですね。ミッキーやミニーもヴィランズをイメージしたコスチュームで登場します。そうそう、パーク内には人間の姿に変えられたヴィランズの手下たちがいるので、仮装チェックをされてしまうかもしれません。
開催期間は2016年は9月9日から10月31日まで。大人がディズニーキャラクターにフル仮装できるのは9月9日から15日、10月25日から31日までです。仮装のルールがあるので、必ず確認しましょう(ランド・シー共通)

■行列必須!カスバ・マジックトリートが見たい

カスバ・フードコートでは手品のショーが楽しい『マジックランプシアター』に登場するジャバーンとアシューム、ジャファーの手下たちが様々なマジックを披露してくれます。テーブルを回ってくれるので、すぐ近くでいろいろなマジックを見ることができます。こちらは小さな子どもも楽しめる内容となっています。とても人気があるのですが、プライオリティ・シーティング(事前予約)がないので混雑時には並ばなくてはなりません。また、アラビアンコーストの中庭ではジャバーンとアシュームたちのアトモスフィアショー(不定期開催の小規模なショー)が開催されています。

■ダッフィーもヴィランズに仮装

シーといえばダッフィーを忘れてはなりません。ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニに着せる仮装コスチュームセットなどが登場しています。ハロウィーンバージョンのダッフィーグッズもあります。

【ダッフィーのスペシャルグッズ販売店舗】

アーント・ペグズ・ヴィレッジストア、マクダックス・デパートメントストア、ガッレリーア・ディズニー (大人気のため入店回数制限などをする場合があります)

1日に3回行われるグリーディングに登場するダッフィーとシェリーメイもヴィランズの仮装をしています。

・ ダッフィーのグリーティング場所:ヴィレッジ・グリーティングプレイス(ケープコッド)

・ シェリーメイのグリーティング場所:ウォーターフロントパーク(アメリカンウォーターフロント)

■食べ歩きの定番!うきわまんとギョウザドッグがヴィランズになってしまった

Takeさん(@kamakura_999)が投稿した写真

いつもはかわいいうきわまんが、アースラをイメージした『スペシャルうきわまん』になっています。見た目は妖しい紫色と茶色、中身はスパイシーシュリンプ&ポークです。

【価格】500円

【販売店舗】シーサイドスナック

シンプルな見た目のはずのギョウザドッグはクルエラ・ド・ビルをイメージした『ツートンギョウザドック』になっています。見た目は白色と黒色、中身は変わりません。

他のスイーツやドリンクなどもヴィランズのキャラクターたちになっています。いつもとは違う妖しくておいしい食事が楽しめますね。

■ハロウィーンならではの楽しみ方は

ランドと異なりシーはヴィランズが多く登場し、デコレーションも紫色や黒色が中心です。怖がりなお子さんにはランドの方がいいかなという気もしますが、ヴィランズやオバケが怖いのは幼い今だけのこと。ここはあえて子どもと一緒に怖いのを楽しむというのもアリです!夜になると怖さが倍増するので朝からパークへ行き、明るい昼間にたくさん遊ぶようにしておきましょう。

■ママのためのハロウィーンの注意事項(ランド・シー共通)

ハロウィーンの開催期間は、9月9日から10月31日までです。期間中のはじめの頃はまだ夏のように暑く、終わりの頃は寒い時期になります。気候に合わせて仮装も考えなくてはなりません。去年、筆者が10月初旬に行ったところ、昼間は暑かったのに夜は寒くて上着が必要でした。気温の変化が激しいので、子どもだけでなく大人の着替えや防寒具なども忘れずに持参しましょう。