life

産後頼れる人がいないママへ。「産後ドゥーラ」を知っていますか?

新生児・妊婦撮影ロゴ有り-3853.jpg

女性の心と体、そして環境がガラッと変わる産前産後。本当なら、まわりの人の助けを借りて、穏やかに過ごすべき時間ですが、現代の日本ではそうはいきません。「母親が高齢だから長期間の産後の世話は頼めなくて」「両親は他県に住んでいるから、幼稚園に通っている上の子を連れての里帰りは諦めたの」など、辛い声を聞くこともしばしば。そんなママたちの味方になってくれるのが産後ドゥーラです。

産後の家庭に必要な知識と技術を持つ専門家

ドゥーラの語源はギリシャ語で「他の女性を支援する、経験豊かな女性」。産後間もない母親に寄り添って、子育てが軌道に乗るまでの期間、日常生活をサポートしてくれる専門家です。家事や育児はもちろん、上のお子さんのお世話、緊急時や異常時には病院や各行政機関などの必要な専門家とつなぐ役割を果たしてくれます。産後だけでなく、妊娠中のつわりや切迫流早産で安静が必要なときもサポートしてくれます。心身ともに余裕のない産前産後は、孤独に陥りがちです。そんな不安なときに自宅に来て、頼れる実母や実姉のように話を聞いてくれる人がいるのはとても心強いことです。

ホームページでは認定産後ドゥーラのプロフィールや顔写真を掲載

では、産後ドゥーラにケアをお願いしたいときはどうしたらいいのでしょうか?まずはドゥーラ協会のホームページから都道府県・市区町村を選択して、産後ドゥーラを検索します。それぞれのプロフィールや顔写真、サポート内容や利用料金が確認できるので、お願いしたドゥーラを選びます。そしてフォームに入力後送信するだけ。後日、ドゥーラが初回訪問をして、産後のプランニングやサポート内容を相談し、サポートスタートとなります。事前にプロフィールなどを確認してから依頼できること、初回訪問後に利用を検討できることも、ママたちにとっては安心材料ではないでしょうか。

赤ちゃんとの暮らしはとても幸せですが慣れない生活に戸惑う毎日でもあります。すべて自分でがんばらずに、まわりの人にお願いする、ときにお金をかけて自分の時間を作る、それが長い子育てを少しでも穏やかに乗り切る秘訣かもしれません。

【参考】
一般社団法人ドゥーラ協会

転載元:産後頼れる人がいないママへ。「産後ドゥーラ」を知っていますか?(by マムメモ)

関連リンク

大型スーパーなどで子どもが犯罪に巻き込まれないように気をつけること。
辞める?続ける?辞め時は?――子どもの習い事で、見極めるべきポイントとは
育児疲れを卒業するために…。サヨナラしたい3つの考えとは?