life

子どもが「例外」を認めないとき、大人はどう対応する?

記事提供: LITALICO(りたりこ)発達ナビ

最初に覚えたときの「覚え方」から離れられない?

e41dc3e2ef34b9c467b49f438a23e1696a79c080_l.png

Upload By モンズースー

幼稚園の朝の会でのお話です。

よく天気のイラストで使われる、くもりの絵は白いくもりが多いですよね。長男の幼稚園の絵カードも、白いくもりでした。

しかし、アニメで白い雲は晴れの雲と学習した長男は、くもりの雲の色が白いことに、納得ができませんでした。納得のいかない気持ちのままなので、朝の会でも曇りの日はグズグズ…。

主治医の先生からは「できるだけ、この子に合わせてあげると良いでしょう」と言われていましたが、幼稚園の絵カードに黒いくもはありません、この中から選ぶしかないのです。

この時の私は、長男に合わせるということに、あまり納得できていませんでした。

クズって周囲が思い通りにしてしまえば、甘やかしているようにも見えますし、1度覚えた事を応用することや、変化が苦手だった長男に、黒い雲を出してしまったら、ずっと黒い雲を用意しなければいけないのではないか、そう思えたのです。

たぶんこの先も、このようなことはたくさんあるだろうけど、思い通りにならないことの方が多いはずです。なのに今、本当に合わせていいのか、どこまで本人に合わせるべきなのか、私にはわかりませんでした

成長のきっかけ、「黒いくものカード」

846697652557b616863d68c20831cc8e71f95c78_l.png

Upload By モンズースー

そんな時、担任の先生は長男の為に、黒いくもを作ってくれました。

長男はそれを見て納得し、朝の会でグズグズすることが、減りました。

何もかも周囲に合わなくてもいい。大人の柔軟な対応で、長男にも変化が

5d6de8a902f99baea5566cf31e15f878f9156a50_l.png

Upload By モンズースー

それからしばらくして、長男は自然と黒い曇りも、白いくもりも、「くもりのマーク」として認識し、日記の天気などでも、白い雲のくもりのシールを貼るようになりました。

先生が合わせてくれたことで、落ち着いて周りを見ることができ、そして「白いくもりのマークも、くもりでいい」ということを認められたような気がしました

今でも、本人に合わせることの加減がわからないのですが、合わせることで、理解が進むこともあるのだな、とわかりました。

関連記事

少しの間違いでも大泣き!0か100かの完璧主義な息子には…

娘よ、あなたの辞書に「妥協」の2字は無いのか〜!わが家のドタバタ劇

忙しい朝に娘のこだわり炸裂!スムーズな準備を促す3つのコツ

コラム出典:子どもが「例外」を認めないとき、大人はどう対応する?
(by LITALICO(りたりこ)発達ナビ )