life

アラフォー女性のTシャツコーデ、気を付けたいポイントは?

Woman with ok sign

初夏から初秋にかけて、Tシャツを着るアラフォーのママは多いことでしょう。Tシャツはシンプルだからこそ、逆におしゃれにも見えるし、なにより涼しい。でも気をつけて。Tシャツこそ、着こなし方が大事なアイテムです。

アラフォーになって10年、Tシャツは何才まで着ていいのだろうか?と考え続けてきたのですが、おばちゃんになって気をつけるべきポイントがいくつかありました。

■ロゴの内容が…

Tシャツはそのシンプルさゆえに、無駄にロゴが入っているものを多く見かけます。その外国語のロゴのメッセージ、ちゃんと読んでいますか?

ある日坂道の向こうから、アラフォーのママさんが、チャイルドシートつきの自転車を髪を振り乱しながら漕いで上ってきました。その時、すれ違いざまにTシャツが目に入ってしまったのですが、そこにはTシャツいっぱいに広がる大きな英文字で「I NEED LOVE」と書いてありました。もしもティーンエイジャーの女の子が着ていたら何とも思わなかった気がしますが、そのママさんの振り乱した髪と生活感が、同じ育児をしている身としてヒシヒシと伝わるがために、なんともいえない寂寥感を感じてしまいました。そのママさんに愛が足りないかどうかは定かではありません。

私たちが海外でヘンな日本語のTシャツをみかけて「なんだかなあ」と思うのと同じように、私たち(のTシャツ)も外国人の方から「なんだかなあ」と思われている可能性大です。

■Tシャツの襟の形を意識して試着する

Tシャツの形は、大きくわけて

  1. 丸首ともよばれるラウンドネック
  2. ラウンドネックよりもさらに襟元がせまいクルーネック
  3. クルーネックとは反対に縦に大きくあいているUネック
  4. Vの形をしたVネック
  5. 襟元にボタンが付いているヘンリーネック
  6. 両肩に向かって横に開いているボートネック
  7. 四角の形をしたスクエアネック

などがあります。昔は似合っていたのに今は似合わない形があるのではないでしょうか。
襟の開き具合は顔や首、肩との相性があり、襟の形によって顔の輪郭が強調されたり、骨格が目立ったりします。しかし顔立ちによっては必ずしもそうではありません。「私は下膨れだけど、あえてのクルーネックやUネックがいいわ」という方もいるでしょうし、「首が太いからボートネックにしている」という方もいます。やっぱり試着してみるのが大切ですね。

襟の形を意識して試着してみると、意外に似合う、似合わないに気がつくのではないでしょうか。

■肌の露出は控えめに

アラフォー女性ならではの注意点、それは肌の露出は一カ所におさえる、です。たとえば、二の腕を出すなら首はあまり見せない、あるいはストールなどを使う。逆に首を見せるなら、腕が見えすぎるノースリーブやフレンチスリーブは選ばない、といったことです。

ボトムスとの関係もあります。トップスがノースリーブならば、パンツやスカートは長めのものにする。パンツやスカートが短いのなら、トップスはボリュームのあるものにする。これだけでイタい感じにはならないです。
もちろんスタイル抜群だったり、肌がとてもきれいな方には関係のない話でしょうけれど。

ライター:yuki