life

パートの社会保険加入条件改正!130万円と106万円、そして103万円の壁

Fotolia_112575427_Subscription_Monthly_M.jpg

ファイナンシャルプランナーの島添です。今回は、平成28年10月に改正される社会保険制度についてお話します。今までは、パート収入(給与)を年間130万円以下におさえると社会保険に加入する必要はなく、夫の扶養になっているという方も結構いると思いますが、今回の改正でパート収入が年間106万円以上になると社会保険の加入が義務付けられることとなりました。
したがって、例えば、パート収入が110万円の場合は、源泉所得税や雇用保険の他に社会保険料も給料から差し引かれ、確実に手取り額が減ることになります。

社会保険の加入条件(130万円から106万円へ)

具体的な社会保険の加入条件は以下のようになりますが、この改正は従業員数が500人以上の会社に適用されることから中小企業でパート社員をしている場合には、従来と同じです。
●週所定労働時間が20時間以上
●年収が106万円以上
●月収が88,000円以上
●雇用期間が1年以上

よって、社会保険に加入しないようにするには、上記の条件を下回るように働くか、従業員が500人未満の会社へ転職しなければなりません。
なお、社会保険に加入すると手取り額は減りますが、保険料を支払うことで将来もらえる年金額が増えます。また、本人が障害者になった場合には障害者年金を受け取ることもできますし、育児休業給付金や失業保険なども受け取れることとなります。
したがって、必ずしも不利になることばかりではないことは、知っておいた方がいいと思います。

所得税の配偶者控除は年間103万円以下

また、みなさんの中には、130万円ではなく、103万円という基準を聞いたことがある!という方もいらっしゃると思います。この103万円というのは、社会保険の話ではなく、所得税の配偶者控除の適用を受けるかどうかの基準です。つまり、パート収入が年間103万円以下であれば、配偶者控除として38万円の所得控除が受けられ、夫の所得税が減ることとなります。(103万円を超えても配偶者特別控除を受けられる場合があります。)

この社会保険の加入条件や配偶者控除適用のために年間収入を103万円以下になるよう働いている主婦の方が少なくない状況の中、政府は、働く女性を増やすために、この配偶者控除の見直しを検討しています。
そうなると、今後の働き方としては、「103万円の壁」ではなく、家族全体の収入や仕事のやりがい、みなさんご本人の将来像などを考えて仕事を選んでいかなければならないでしょう。

転載元:パートの社会保険加入条件改正!130万円と106万円、そして103万円の壁(by マムメモ)

関連リンク

捨てるのがとにかく苦手な人へ。ものを減らすのに有効な3つのコツを紹介します!
ここまで落ちる!?年季の入った茶色い鍋をオキシクリーンに漬けてみた!
かさばる&出すのが面倒…。家電の説明書はGoogleドライブに収納しよう!