child

初めて文字を書いた☆だけど左右が逆。それ、まさに育児あるあるです!

子供が書いた鏡面文字

子供が初めて文字を書きはじめると左右が逆の鏡文字を書くことがよくあります。幼児がたどたどしく書いた文字はかわいいものですが、その中に多く見られるのがいわゆる『鏡文字』。

たくさんのママが「どうして?」と不思議に思ったり、「むしろ難しいことをよくやるなあぁ」感心してしまうこの鏡文字、どうして子供たちは左右を逆に書くのでしょうか?

子どもが鏡文字を書く理由とは?

絵を描く子供

文字に興味を持ち始めて、自分でも書いてみようとせっせと鉛筆を動かす子どもが書いた平仮名や片仮名を見ると、「う」や「と」の向きが逆だったり、「あ」「お」「ぬ」「す」などの丸の部分が反対回りだったり、「き」「さ」などの棒が反対に位置していたりすることがあります。

アルファベットなどを書く場合も同じようなことが起きるのですが、なぜでしょうか?

それは子どもにはまだきちんと左右の区別ができていないからです。

大まかな形を把握して、丸い部分がある、横に棒線があるというのは分かっていても、右と左の区別がしっかりできていないためにどちらに書くのかはっきりとは分からないのです。

また、脳の発達も関係していると考えられます。視覚的情報は右脳で認識され、左脳に伝達されて文字として認識されるのですが、子どもの場合は右脳の発達が早いので文字としての認識にずれが起きたりするのです。

また子どもは効き手も定まっていなかったり、どちらの手で何をするかもまちまちだったりするため、右手と左手では動かし方に違いが出て、線や丸の向きが違ってきたりします。

鏡文字は自然と直ります

文字を書く子供の手
文字に興味を持ち始めたくらいの小さな子どもには鏡文字を書くのはよくあることですから、あまり神経質になる必要はありません。

むしろきつく注意をして萎縮してしまわないようにしましょう。

脳や手の機能が発達してくると自然に改善されることがほとんどですから、文字を書くことの楽しさの中で声掛けをして気づかせるようにしましょう。

「また間違ってる。」「左じゃなくて右に書くのよ。」といった声掛けよりも、「丸が反対回りになっちゃったね。」などと気づかせる程度に声を掛け、文字を書いたことをほめてあげましょう。

また、普段の生活においてはまだ左右の区別がつきにくい時期ですから、その子どもの生活スタイルに合わせて「○○を持つほうが右手。」とか「左に曲がったら公園だね。」など、自然と区別ができるように声掛けをしてあげましょう。

絵本や他の人の文字に触れる機会が増えてくると、自分の文字との違いを認識して正しく書けるようになってきます。

もしも治らない場合

子供の手
子どもの鏡文字は、多くの文字に触れ、書くことに慣れてくると自然に解消されてきます。

小学校に入って本格的に文字を書くようになると、大半が正しい文字を書くようになってきます。

それでもなかなか鏡文字が治らないという子どももいます。学習障害の一つに、文字の読み書きに影響を与えるものがあることが知られています。

なかなか鏡文字が治らない、またはあまり文字に興味を示さないなど気になる時には、専門科のアドバイスを受けるようにしましょう。

点線

鏡文字を書くのは小さな子どもにはよくあることで、自然に治ってしまうことがほとんどです。

そのことを知っておくと、ママもゆったりと接することができるでしょう。

子どもはどんどん成長しますから、今できることを楽しみながら見守ってあげましょう。

関連記事
無理強いは絶対NG!!「ひらがな」は何歳から教える?
2歳からできる!「あいうえお」の覚え方

コラム出典:初めて文字を書いた☆だけど左右が逆。それ、まさに育児あるあるです!
(by 子ある日和)