life

毎日ぐったり……から解放!歯磨きタイムを楽しませるテク3つ

Fotolia_42148237_Subscription_Monthly_M.jpg

健康な歯を保つため欠かせない歯磨き。特に小さなお子さんをもつお母さんたちは、仕上げ磨きに毎日四苦八苦していてはいませんか? しかし、こどもは親の気持ちに逆らうように、泣く!わめく!叫ぶ!の大抵抗……。
行政などの歯科検診では「暴れようがなにしようが、無理やりにでも歯磨きしてください」と言われることもあります。毎日磨く大変さより、実際に虫歯になったときの治療のほうが大変だからという心遣いからくる言葉ですが、心の中ではわかっていても泣き叫ぶ我が子を目の前にすると「もう今日はやめておこう……」と、歯磨きの時間が億劫になっている方も少なくないはず。
そこで、こどもが歯磨きを楽しめるようになる方法をご紹介します。

こどものすきな歌をうたって!

歯磨きのとき一番してほしいことは、大きく口を開けること。すこしでも歌がうたえるこどもであれば「好きなお歌を全部 “あ〜!”でうたってみてくれる? その間にお母さんが歯磨きするね」と伝えてみましょう。
うたっている間に「すごい! 上手!」と褒めることを忘れず、「次は全部“い〜!”でいってみようか!」とさりげなく次につなげてみましょう。

歯磨きごっこで楽しさを!

お母さんが歯磨きをしているところ見せていますか? こどもがそれに興味をもってくれたら「◯◯くん(ちゃん)もやってみる?」と誘い、歯磨きごっこにトライ!
こどもにお母さんの歯を磨いてもらい、「次は交代! お母さんが◯◯くん(ちゃん)の歯を磨くね」と、歯磨きをごっこ遊びにしてみると意外にこどももすすんで歯磨きをしてくるようになります。

鏡をもたせて確認!

歯磨きをしている間、小さな鏡を持たせてみましょう。「歯ブラシくん、いまからお口の奥に冒険にいきまーす」「おっと、石が転がってる」など声かけを工夫することも必要です。
鏡を持っていることで自分がなにをされているのかわかる安心感があり、リラックスした状態で口を開けてくれます。

こどもにとって口まわりを長い間触れられるのは本能的に嫌なことなんだそう。
その「嫌なこと」を「好きなこと」に変えるのは難しくても、「楽しいこと」に変化させるのはちょっとしたアイディアです。
上に挙げたことを試しつつ、自分のお子さんにあった方法を探してみてください。

転載元:毎日ぐったり……から解放!歯磨きタイムを楽しませるテク3つ(by マムメモ)

関連リンク

上手な鼻水の拭き方・かませ方
便秘の子どもを助けたい!病院受診以外にママがやれること10
身近にある物が誤飲事故を招く。親が気をつけなくてはならないこと。