recipe

映画『大統領の料理人』に出てくる“サントノーレ”を作ってみた!

18
ミッテラン仏大統領のプライベートシェフとして、初めて女性の料理人がエリゼ宮に入って、苦悩しつつも自分の料理の道を貫く実話の映画『大統領の料理人』をご存知ですか?
こちらの映画に出てくる全ての料理がとにかくと~っても美味しそう!!とグルメ・シネマ通の間では話題なんですよ!

映画では、大統領が本来の家庭の味を彼女に希望するため、フランスの古典系なお菓子が多く、家庭でよく食べられていたおばあちゃんの味が表現されているようです。
そこで、コース仕立てで供されるお料理の最後を飾るお菓子の中にあった“サントノーレ”を再現してみました!
こちらが映画の中で出てくる、出来上がったサントノーレ!
212503_615

今回は、市販の冷凍パイシートを土台にし、シュー生地を作って土台に絞り、小さなシュークリームの中にはカスタードクリームを入れています。シュー生地の土台にも同じクリームを絞って出来上がりです!いわば、シュークリームケーキのようなイメージなので、ホームパーティーなどたくさん人が集まるときに作ったら喜ばれること間違いなし!
基本的にはシュークリームを作るようなイメージで生地やクリームを作っていきますので、シュークリームが好きな方にもおすすめです!映画を観たことがある方もない方もぜひ、おやつに作ってみてはいかがでしょうか。

材料 出来上がり約直径20cm 1台分

シュー生地

:50g
牛乳
:50g
バター
:45g
グラニュー糖
:2g
:1g
薄力粉
:56g
:2~3個
冷凍パイシート
:1枚

キャラメル

グラニュー糖
:100g
:30g
水飴
:5g

カスタードクリーム

牛乳
:200g
卵黄
:2個
グラニュー糖
:40g
薄力粉
:18g
バニラビーンズ
:1/5本
生クリーム
:100g

作り方

1.<シュー生地を作る>鍋に水・牛乳・バター・グラニュー糖・塩を入れて完全沸騰させる。
2.火から外し、ふるった薄力粉を加えて混ぜる。
1
3.再び火にかけ、底に膜が出来る程度まで火を入れる。2
4.ボウルに移し替え、卵を少しずつ加え、ゴムベラで生地を持ち上げると逆3角形の形になるくらいにする。絞り袋に生地をいれる。3
5.パイシートを少し伸ばして直径18cmの円形にカットしたものの上に絞る。4
6.残りの生地をバター(分量外)を塗った天板に直径2~3cmほどの大きさに小さく絞り、水を塗って、フォークで表面をおさえる。5
7.180度のオーブンで約30分焼成する(10分くらい経過してパイの土台が膨らんでいる場合は、ボウルをのせて15分くらい焼き、残り5分はボウルを外して焼く)6
8.<カスタードクリームを作る>牛乳にバニラビーンズ、グラニュー糖を半分加えて火にかけ、沸騰直前まで温める。
9.卵黄に残りのグラニュー糖を加えて混ぜ、ふるった薄力粉を加えて混ぜる。
10.9.8.を加えて溶きのばし、漉しながら鍋に戻してクリームを炊きあげる。20
11.氷水にあてて10.を冷やし、しっかりと泡立てた生クリームと合わせる。10
12.<仕上げ・組み立て>焼きあげたシュー生地にカスタードクリームを絞り入れる。11
13.<キャラメルを作る>鍋に材料を入れて火にかけ、飴色になったら氷水にあてて、色止めする。1212.の上部につけて冷ます。冷めたら再びキャラメルを下部につけて土台の生地と接着する。
21
14.残りのカスタードクリームを中央に絞り入れる。22

17

レシピ監修:洋菓子研究家 木村幸子
洋菓子教室トロワ・スール主宰。
TVや雑誌、WEBへの出演・レシピ提案、企業へのレシピ提供、商品開発等を行う。
『3・5・7ステップでできる!憧れのゴージャスチョコレシピ』発売中。HPはコチラ