life

【イベントレポ】親子で最新デジタルテクノロジー×アートにふれよう!「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」

image
突然ですが、みなさんは「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」をご存知ですか?

「チームラボ」といえば、プログラマ、エンジニア、数学者、建築家、CGアニメーター、デザイナー、絵師、など、スペシャリストから構成されている集団。「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」は、そんな彼・彼女らが生み出す「アート」「サイエンス」「テクノロジー」が入り混じったイベントです。既に国内・海外累計来場者数が200万人を達成したそうですが、「アート」や「テクノロジー」「サイエンス」なんて言葉を聞くと、難しそうだし自分とは関係ないや、と思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、実はこのイベント、子どもが大喜びして楽しめちゃうんです。もちろん大人もその独自の世界観に魅了されることでしょう。参加したお子さんの中には、「まだ帰りたくない!」と夢中になって遊び続ける子もいるのだとか。

そんな来場者を惹きつけてやまない体験型イベント「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」が群馬県前橋市で開催中とのことで、筆者も実際に体験してきました!

一体何が来場者を虜にしているのでしょうか?今回は、二児の母である筆者が「チームラボアイランド」を親子で楽しむためのポイントや見どころをご紹介します。

【親子で楽しむためのポイント】イベントに参加する前に、会場内にはどんな設備や決まりごとがあるかをチェック!

お子さんとのお出かけの際には、飲食物の持ち込みの可否やトイレ・休憩所の有無などを把握しておくと安心して遊びに行けますよね。「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- in前橋」では以下の点を事前に知っておくと便利です。

・前橋会場内にはトイレがないので、入場前にトイレを済ませておきましょう!

・入場の際に購入するチケットの半券を持っていれば、再入場も可能。

・会場内は写真・動画撮影がOK!

・ベビーカーの持ち込みもでき、所々に椅子が設置されているので、休息をとることも可能。

・飲食の持ち込みは、水筒や蓋の閉まるペットボトルなどに入った飲み物に限りOKだそうです。

イベントに参加していたのは3歳以上のお子さんが多い印象でしたが、ベビーカーや抱っこ紐などで、小さなお子様を連れているママも何組もいらっしゃいました。お子さんが疲れてきてしまった……というときに、ちょっとした休息をとれるスペースがあるのは、付き添いのママにとっても嬉しいポイントですよね。実際、筆者が来場したときにも、ご高齢の付き添いの方が椅子に座りながら子どもの様子をみていたり、お子さんが遊びの合間に水分補給をしていたりする姿も見られました!

また、会場には3歳~6歳くらいの子どもが50~100名ほどはいたのに、みんな目の前の作品に夢中!泣いている声は一切聞こえませんでした。お子さんがたくさんいたら、疲れてグズってしまったり、まわりの友達と喧嘩になってしまうこともあるかもしれませんが、そこにいる子どもたちが協力して1つの作品を作ろうとしているようにさえ見えました。これがコンセプトの一つでもある「共創」の意味なのでしょうか。

それではいよいよ、筆者が実際に体験してきた、おすすめのアート作品をご紹介します!

見どころは?お子さんや大人までもが夢中になる、おすすめのアート作品!

“子どもたちが自由に体を動かしながら、誰かと一緒にものづくりをする「共創体験」を楽しむ”そんな目的で作られたチームラボアイランドのアート作品は、お子さんだけでなく大人までもを魅了する作品ばかりでした!その中でも筆者がおすすめするのは、こちらの3作。

お絵かき水族館

前橋会場に展示されている6つのアート作品の中で一番人気だったのが、自分で紙に描いた生き物がスクリーン上で泳ぎだす「お絵描き水族館」。

image
魚やイカ・クラゲなどが描かれたイラストは全部で10種類。その中から好きなものを選んで、自由に色塗りしたものを係の方にスキャンしてもらうと、目の前の巨大スクリーンに映し出された水槽で、自分の描いた生き物が泳ぎだします。
image
色とりどりのイラストたちが泳ぐ巨大水槽を眺めているだけでも、なんだか童心にかえりドキドキわくわくしてしまった筆者。
image
image

自分の描いたイラストの生き物に触って動かしたり、餌をあげたりもできるので、子どもから大人までみなさん夢中になって遊んでいました!

天才ケンケンパ

こちらは、ただのケンケンパ遊びではありません! 床に映し出されたケンケンパのコースは、なんと子ども自身が作ったコースなのです!!

image
はじめにタッチパネルでコース作りを楽しんだら、ケンケンパの順番待ちの列に並び、作ったコースで遊びます。

image
「どうすればもっとおもしろいコースが作れるんだろう?」「○や△の配置を工夫してみよう」とあれこれ試行錯誤するのも、“遊びを通じて学ぶ体験”に繋がりますよね。

光のボールでオーケストラ

最後におすすめするのは、転がすと色も音も変化する、光のボールによるオーケストラ。
image
前橋会場では同じスペースの中でも、全身を使いながら遊べる年齢のお子さん用の広い場所と、比較的動きの少ない小さなお子さん用の場所に区切られていました。

年齢ごとに子どもの活発さにも違いがあるため、このようにスペースが分かれているのは安心。実際に、1歳にならないくらいのお子さんが、光るボールを揺らして楽しんでいる姿も確認できましたよ!

この他にも、前橋会場には以下の作品が展示されています。

お絵かきタウン

「お絵描き水族館」同様に、紙に描いたモノ(建物やUFOなど)が目の前に出現し、動き出します。自分たちで未来の街を作って遊ぶことができます!
image

まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり

表示される象形文字にタッチすると、その文字がもつ世界があらわれ、物語がはじまります。
image

つながる!積み木列車

自分やほかの体験者が置いた積み木と積み木の間に、線路や道路ができ、列車や車となる積み木が走りだす作品。みんなで、街を創っていきます。
image

前橋会場でのイベント開催は9月5日(月)までなので、開催期間中の週末はあと2回!お近くにお住まいの方は、この夏最後の思い出作りに、ぜひ足を運んでみてくださいね♪

また、チームラボアイランドは、期間展だけではありません。埼玉県「ららぽーと富士見」では一年中デジタル×アートの世界を堪能できる常設展が開催されています。2016年10月6日(木)からは、ららぽーと湘南平塚(神奈川)にも常設展がオープン予定。今後のチームラボアイランドの展開にも、ますます目が離せなくなりそうですね!

取材・文/赤石 みお

次回の期間展開催地や、新設される常設展について気になった方は、チームラボアイランドの公式HPに詳細が載っています。そちらの情報も合わせてチェックしてみてください。

【前橋イベント開催概要】

チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- in前橋

期間: 2016年8月18日(木)〜9月5日(月)

会場: スズラン前橋店8階大催事場(群馬県前橋市千代田町2-4-18)

開催時間: 10:00〜19:00

料金: おとな: 1,200円、中高生: 800円、3歳~小学生: 600円

※2歳以下無料 小学生以下は保護者(高校生以上)の同伴が必要

※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方と介護者1名無料

※スズランカード提示で5名まで100円引

休館日: 8月24日(水)及び31日(水)

公式ホームページ:http://island.team-lab.com/smart/event/suzuran-dpt-maebashi/