campaign

砂糖を入れて置いておくだけ!アレンジ豊富「プラムシロップ」の簡単☆レシピ

02_1200x640

こんにちは。食育ずかんライターの、はむこです。
みなさん、今年は梅酒を漬けましたか?
毎年の習慣という方はともかく、気が向いた年だけ漬けるという方は、ひょっとして残った氷砂糖を持て余していたりはしませんか??特に果実酒を漬けるとなると、キロ単位で買うので余る時はすごい量だったりします。
そんな持て余している氷砂糖で「プラムでシロップ」を作ってみてはいかがでしょう?

【プラムシロップの作り方】
作り方は大体の果実酒と変わらず、煮沸消毒したビンによく洗った皮付きのままのプラムと、氷砂糖(好みの砂糖があればそれでも)を1:1ぐらいの割合で詰めて2週間~3週間ほど冷暗所で保存するだけ。という簡単なもの。
注意としては、
・洗ったプラムは良く水気をふき取ること。
・枝などがついていれば取り除くこと。
・糖の量を減らして作りたい場合は、カビ除けのためにも冷蔵庫で保存。
・2、3日ごとにビンを振ること(品質が安定します)
以上のことを守れば失敗は少なくなります。

糖の量、種類はなんでも構いませんが、使用した糖の色で出来上がりの色や香りがかなり変化します。上白糖や氷砂糖なら出来上がりはロゼワインのようなほんのり淡いピンク色になりやすく(使用したプラムの色にもよります)、プラムの香りも残りやすいです。

うまくいったら炭酸で割って、プラムソーダにしてみましょう!

<材料(1人分)>
プラムシロップ・・小さじ2
炭酸水・・180ml
レモン果汁・・小さじ1
ミントの葉・・お好みで

完成したシロップの状態により、シロップやレモンの量は調節して頂く必要がありますが、これを混ぜ合わせるだけで夏にピッタリなドリンクのできあがりです!
シロップは他にもヨーグルトやパンケーキにも合うので、ぜひ挑戦して自分だけのベストな味を作り上げてみて下さいね!

※本記事は、「食育ずかん」が執筆しました。食育まめ知識をもっと知りたい方はコチラから↓

http://shokuiku-zukan.com

Text by 食育ずかん