life

育児中、「もしも自分の時間があったら・・・」の理想と現実

困った顔の女性

お子さんが小さいときは、なかなか自分の時間がとれないですね。

でも実際時間が取れたら、どんなことがしたいですか?

今日は育児経験者に時間があったら何がしたいか(何がしたかったか)、また現実はどんなふうに過すごしているか(過ごしたか)をお聞きしました。

理想と現実はこのギャップ!

ライブ会場

大好きなアーティストのCDを聴いて

0歳の頃、子供が生まれる前に、よく行っていた大好きなアーティストのライヴに行きたいと思っていましたが、それは無理だったので、子供が寝ている時に、部屋でDVDを観てライヴ気分を味わっていました。

お子さんが大きくなって、一緒にライブに行けたらサイコーですね!

おしゃれは永遠のテーマ

ファッション雑誌をゆっくり読みたい。そして一人で買い物に行って自分の服をじっくり選びたい。

でも、実際は子供を追いかけながら最終的に何も買わずに子供とキッズコーナーで遊んで家に帰ることのほうが多い。

こちらのママも頑張ってますね。オシャレしたいとのこと、若いママさんなのかもしれませんね?若いママがキッズコーナーでお子さんを見守る姿、目に浮かびます。お休みなどを利用してパパさんが見てくれる間にゆっくり洋服が選べるといいですね。

本を選ぶ時も急いで、、

月齢の低い0~1才の頃、図書館に行って読みたい本をゆっくり選び、自宅でのんびり読書したかった。実際は、静かな図書館で泣き出さないよう気を遣いながら急いで本を選び、読書の時間は子供が寝ている隙間時間に。

急いで本を選んだというママの様子が目に浮かびます。公共の場所ではいつ泣き出すかとハラハラしますよね。

ママはやっぱり体中が疲れてる!?

マッサージ

マッサージへ

マッサージに行きました。授乳をしていると肩こりがひどくて。疲れてしまっていたのでショッピングセンターのマッサージ店に行きました。1人目の時です。2人目の時に行っていないので、また行きたいです!

子供が0歳の頃、一番自分の時間が持てたらしたかったことは整体に行くことです。腰も背中も肩もバッキバキで痛くて苦しかったのでマッサージに行きたかったです。

特に授乳中のママは本当にヘトヘト。なのに、ほんの数時間のマッサージすらままならない。
育児の大変さがひしひしと伝わってきます。

キレイ好きのママのお悩み

マイホーム

庭のお手入れがしたかったです。

雑草が生え放題でしたし、お花を植えていても手入れできなくて雑草の中にお花が埋もれている状態でした。玄関前でしたので、来客があるたびに恥ずかしい気持ちでした。
(0歳時期育児)

キレイ好きなママならみなさん覚えがあるのでは?ちょっと片付けることすらできない…育児はまさにノンストップ!

やっぱり睡眠は大事!

眠る女性

カフェで雑誌を読んだり、ゆっくり買い物したりしたかったです。実際は、寝ている時は抱っこしていないと起きるので、家で抱っこのまま身動きとれず、テレビを見たり子どもと一緒に昼寝をしていました。0歳~ 2歳

子供が生まれてすぐに、地域のファミリーサポートさんをお願いしました。
ファミリーサポートがいらしている時間に0歳の頃は仮眠させてもらいました。授乳でとにかく寝不足で、眠れなかったからです。

どのママも本当にささやかな願いが、それもかなわず、、という大変さが伝わってくるコメントでした。

特に最後の「仮眠」のためにファミリーサポートさんを頼まれたというエピソード、「そんなことでもファミサポさんはお願いしていいんだな」とほかのママさんの参考になればうれしいです。

ご自分の体のケアは決して贅沢などではありません。サポートサービスなども上手に利用して、体を大切にしてくださいね。

関連記事
ToDoリストの書き方を工夫して毎日やりたいことをやり切るには?
苦手なママ友とのタイプ別付き合い方とは?

コラム出典:育児中、「もしも自分の時間があったら・・・」の理想と現実
(by 子ある日和)