child

場所より思い出!節約ママのお金をかけない旅行テク

暑い日々が続きますね! 夏休みもスタートして、毎朝子どものお昼ご飯の準備にバタバタなママさんも多いのでは? 本当は子どもがお休みのときくらい多めに仕事を休んで一緒にいてあげたいのだけれど、生活のために背に腹はかえられないのがお金に余裕のないママ。せめて夏休みの思い出に、子どもと一緒に旅行に行きたいな! そんなママさん必見! 予算も限られる中で、子どもの思い出に残る旅行にするためのポイントやテクニックをご紹介します♪

旅行に行きたくなったら、まずはシミュレーションを

旅行と頭に思い浮かべると、遠出して、遊園地やテーマパークに行って、ホテルに泊まって……、というシチュエーションが浮かびがち。交通費、遊園地のチケット代金、食事代やホテル代……。ザッと見積もっても諭吉さんが何人も飛んでいくのが目に見えていますよね。子どもを喜ばせたいけれど、現実は厳しく悩ましいところ。でも、ちょっと発想の転換をするだけで、あまりお金をかけずに済んじゃうかも!?

旅行の目的を絞ってみる

ポイントは、「旅行の一番の目的を何にするか」です。あれもこれも楽しみたいし、盛り込みたいと考えがちですが、そこを少しだけ我慢すると、一番楽しみたいものを存分に楽しめちゃいます!

何をメインの楽しみにする?

電車に乗って景色を楽しみたいのか、人気のテーマパークを楽しみたいのか、その街のおいしい料理がメインなのか、ホテルに泊まって非日常を味わうのが楽しみなのか……。それによって交通手段を費用の安い夜行バスにしてみたり、行き先をテーマパークではなく自然豊かな公園にしてみたり、お弁当持参にしてみたり、日帰り旅行や車中泊にすることだってできますね。
このように、まずはメインに楽しみたいものを決めると、予算をかけられる部分も自然と決まってきます。これなら計画も立てやすいですね♪

日帰り旅行のメリット

日帰り旅行は、泊まりがけの旅行と比べて予算がかなり安く済みます。それに加え、長い連休を取る必要もないのがポイント。日帰り旅行なら夏休み中1回だけといわず、今日は少し遠くに、次回は近場に……、なんて遊び方もできます。旅行が「子どもとあなたの夏休み中、唯一の思い出」ではなく、楽しい思い出の中のひとつとなるのではないでしょうか。なにより、子どもに寂しい思いをさせなくて済みそうなところもオススメです♪

公営施設でのイベントをチェック!

夏は各地でたくさんのお祭りやイベントを催しているもの。その中でも、市や県で開催しているイベントや公営施設のイベントは、無料や格安で体験型ワークショップを併催していることも多いので、ぜひチェックしてから出かけましょう♪ 夏休みの宿題の提出物にもいいですね! ※ただし整理券が必要な場合も
また、イベントなどがなくても無料で遊べる公営施設もあるので、旅行する際には施設の情報を調べてから行ってみてはいかがでしょうか♪

自然を楽しむ

お金のかからないレジャーといえば、王道のキャンプや釣り、野外でのバーベキューなど、自然を楽しむものが浮かびます。しかし、ママの私たちが準備するにはなかなか億劫なもの。いつか……、と考えているうちに、実現が遠のいていることってありませんか?

友だちや、友だちの家族と一緒に!

こんな時、男手がないことを子どもに申し訳なく思ってしまうこともあるもの。でも、こんな時だからこそ、友だちやその家族を誘って合同キャンプはいかがでしょうか? 女手一つだと大変な準備も、人数が集まれば余裕になっちゃうかも♪

子どもの勇姿も見られるかも!?

今は女子会キャンプなる言葉も出ているくらい女子もアクティブなので、ぜひみんなでワイワイがやがや楽しんじゃいましょう! 子どもが男の子なら、思いがけず頼もしい部分も見られるかも!

プチホームステイ

あなたの実家が、気軽に帰れる距離ではないけれど、気軽に帰れる関係にあるなら、ぜひ長めのお休みを取って子どもと帰省してみませんか? いつもなら2日くらいの滞在でバタバタと仕事に戻っているという方も、時間があるならあなたが子どもの頃に過ごした町を、子どもと一緒に歩いてみてください。

思い出を懐かしみながらお散歩

通っていた幼稚園・保育園や、小学校、中学校、高校……。いつも買い食いしていた駄菓子屋さんの跡地が新しいお店になっていたり、髪を切ってもらっていた床屋さんが新しく美容院になっていたり……。子どもとおしゃべりしてゆっくり回るのも、とても思い出に残る夏休みになるのではないでしょうか。子どもと同年代だった頃を思い出しながら、素敵なひとときが過ごせます。

ツールを使って

あなたがSNS好きなら、盛大に写真を撮って子どもとの旅行を盛り上げましょう! ただセキュリティ上の問題もあるので、アップするのは後ろ姿や遠目からの姿、乾杯している手と手だけなどがおすすめ。それでも、ちょっとだけ構図を工夫してみると、お洒落で思い出に残る写真が撮れます。子どもにも写真を加工させてあげたりすると、思い出の共有ができますね♪

写真を撮るだけでもOK♪

子どもとの思い出とSNSは関係ないのでは? というママさんもいるかもしれません。その場合は、写真を撮って子どもと一緒に楽しむだけでも充分だと思います♪
考え方次第ではありますが、SNSのメリットは、閉鎖しない限りいつまでも投稿が残っているというところ。子どもが大人になったときに、思い出を蘇らせるツールとしての利用もできるのではないかな、と思います。PCやスマホに埋もれたデータを探すよりは遥かに早いですからね♪

自分を撮るのも忘れずに!

どちらのタイプのママさんも、「子どもの写真は夢中で撮っていたけど、自分が写るのを忘れていて、一緒の写真が一枚もない!」となりがちなので、ぜひお忘れなく☆

今年の夏こそ、素敵な思い出を!

去年の夏は離婚したばかりで、始めた仕事も忙しく、子どもをどこにも連れて行ってあげられなかった……。これから先、寂しい思いをさせることになるんだから、せめて旅行に一緒に行って気分を晴らしてあげたかったのに、「ママ、無理しなくて大丈夫だよ♪」と笑ってくれたのが余計に不憫だった……。
夏休みの宿題の作文や絵の題材が思いつかず、「う~んう~ん」ってうなってるのを見て、ますます申し訳なく思ったな……。そんな夏休みの苦い思い出を抱えているママさんも多いのではないでしょうか。

今年の夏はリベンジ!

だから今年は、ぜひ去年のリベンジを! もちろん今年だって時間やお金に余裕があるわけではないけれど、子どもとの絆をもっと深めるために、ぜひ思い出に残る旅行をしてくださいね!

まとめ

毎日頑張っているママのみなさん! ぜひ、子どものためだけでなく、あなたの心を癒やす時間としても、思い出に残る素敵な旅行を楽しんでください♪

【関連記事】
母子家庭の夏休み!子どもの夏バテ・熱中症対策
お金をかけずに可愛く♪母子家庭の子どもおしゃれ術
シングルマザーも貯金ができる!|お金のプロが教える貯金・節約術1

オリジナル記事
場所より思い出!シングルマザーのお金をかけない旅行テク