recipe

実はとっても奥が深い!絶品「ゆで卵」の作り方と裏ワザ集

記事提供:楽天レシピ デイリシャス

実はとっても奥が深い!絶品「ゆで卵」の作り方と裏ワザ集

小学校の調理実習でも作ることがある「ゆで卵」。鍋に入れて茹でるだけのはずが、好みの固さにならない、黄身の周りが黒くなる、殻がきれいにむけないなど、お悩みもあるようです。そこで、今回は絶品ゆで卵の作り方をご紹介します!

基本のゆで卵の作り方

①卵の上下に画びょうで穴を開ける。画びょうがない場合は、軽くコンッとたたきヒビを入れておく。
②鍋にお湯を沸かし、塩、お酢、穴を開けた卵を入れる。
③好みの時間に茹でて、冷水で冷やす。
④冷水の中で、卵の殻をむく。

ポイント

・茹でる前に卵に穴を開け、茹でた後に冷水につけることで殻を剥きやすくします。
・茹でる熱湯に酢を入れることで、万が一殻にヒビが入ってもぼろぼろになりにくくなります。
・ゆで時間は、最大でも12分程度にする。15分以上茹でると黄身が黒く変色します。

ポイントをしっかり押さえていれば、誰でも失敗することなく、おいしくてきれいなゆで卵を作ることができますよ。きれいなゆで卵は、ちょっとサラダに添えたり、忙しいときの朝ご飯にもぴったり!また、栄養価も高く、腹持ちもいいので、ダイエットのお供にも!

今回は基本のレシピだけでなく、爆発することなくレンジでゆで卵を作る方法や光熱費節約ができる茹で方、新しい卵でもつるんと気持ちよく殻をむく技もご紹介していますので、ぜひ活用してみてくださいね♪

まずはしっかり基本の作り方を覚えよう!

ゆで卵の基本の作り方です。ポイントをおさえて、レシピ通り作れば、失敗なし!

実はとっても奥が深い!絶品「ゆで卵」の作り方と裏ワザ集

簡単!基本●茹で卵●茹で時間で半熟~固ゆで自由自在
材料:卵、熱湯、塩、酢、画鋲
by 料理研究家 熊谷真由美

そんなにちょっとの水で茹でるの?驚きの光熱費節約ワザ!

ゆで卵を作る時、鍋にたっぷりのお湯を沸かすイメージですが、こちらのレシピはなんと深さ1センチの水で茹でちゃいます!固さも好みで変えられるので、覚えておくととっても便利ですよ。

実はとっても奥が深い!絶品「ゆで卵」の作り方と裏ワザ集

裏技!エコでつるんと剥ける ゆでたまご
材料:卵、塩
by ミスチバス8823

爆発しない!電子レンジで作るゆで卵

電子レンジに卵を入れると爆発して危険です!でも、しっかりアルミホイルで卵を包んで、かぶるくらいの水につけて加熱すると、きれいなゆで卵の出来上がりー♪ゆで卵を1個だけ作りたい時には、とっても便利な裏ワザです。

実はとっても奥が深い!絶品「ゆで卵」の作り方と裏ワザ集

レンジで出来ちゃうゆで卵
材料:卵、水
by mimu_

茹で時間も気にしなくてOK!炊飯器で作るゆで卵

ガス代も水道代も0円のゆで卵!ご飯を炊くときに、アルミホイルでふんわり包んで、一緒に入れちゃえば時間もかかりませんよ♪

実はとっても奥が深い!絶品「ゆで卵」の作り方と裏ワザ集

時短!ガス代0円!ついでに作るゆで卵。
材料:卵
by まめもにお

スプーン1本で、気持ちよく殻をむく裏ワザ!

どんなに上手に出来たゆで卵も、殻をむくときに白身がボロっと崩れたら、がっかりですよね…。でも、この裏技を知っていれば、スプーン1本でつるん!ときれいに殻がむけちゃいますよ!

実はとっても奥が深い!絶品「ゆで卵」の作り方と裏ワザ集

知らなきゃ損する裏技☆ゆでたまごの速攻殻むき
材料:殻のむき難いゆでたまご、スプーン
by nyapikox

コラム出典:実はとっても奥が深い!絶品「ゆで卵」の作り方と裏ワザ集
(by 楽天レシピ デイリシャス)